猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

登録社員名簿:092 『遍在者達』

「ああ、またお会いしましたね」

【名前】複数
【通り名】『遍在者達』(マルチアカウント・ワン)
【所属】モノクローム
【年齢】複数
【容姿】複数
【正業】複数
【経歴】
 きわめて特殊な能力を持つ集団。
 世界に存在する数十億人の人間の中に紛れ込んでいる「記憶と感情、意思を完全に共有する者達」。
 その数は数人とも数百人とも、それ以上とも。
 人種や年齢、性別すらまったくばらばらの彼ら、彼女らだが、その心底には親兄弟すら及ばない意思の結びつきが存在する。

【スキル】
『遍在』(マルチアカウント)
 世界中に散らばる者達の間に存在する完全なる情報共有。
 特定の宗教や国家に所属し方針を共有する、双子の間で不思議な意思伝達が存在する、といった「複数の人間が目的や感覚を共有している」度合いをはるかに超越した、いわば「魂の共有」。

 概念としては「ネットワークゲームで一人のプレイヤーが様々なキャラクターを同時起動して操作している」が近い。
 ネットゲームにおいて、プレイヤーが操るキャラクターの性別や役割、立場に応じて口調や振る舞いを変えたりするが、根底の性格はプレイヤーのものであるように、彼らは時に高圧的な官僚のように、温厚な老婦人のように振る舞うが、その人格は共有された「プレイヤー」のものである。
 各「キャラクター」達は『自動モード』として立場に応じたそれぞれの人生を過ごしているが、必要に応じて『手動モード』となり、「プレイヤー」の目的達成のために活動する。

 アカウントAのキャラクターが官僚として国のため身を粉にして働いてきたとしても、「プレイヤー」がその国を滅ぼすべきと判断すれば、アカウントAのキャラクターはその瞬間に即座にテロリストと化し首脳陣を巻き込んだ自爆テロを決行するだろう。
 現在は「プレイヤー」としてモノクロームへの協力を示しており、世界のあちこちに散らばる「キャラクター」達が有形無形のサポートを行っている。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年12月10日 (土)21時47分

ドラマCDのダウンロード販売を開始しました。

以前に制作しコミケなどイベントにて頒布しておりましたドラマCDについて
在庫僅少となったものは取り扱い終了としておりましたが、
結構イベントなどでリクエストを頂く来ましたので(ありがたいことです)
このたびダウンロード販売を開始することにしました。

DLSite様にてサイトを開設。下記のページより購入することが出来ます。

現在、第一弾としてドラマCDVol1「ヘルサマーキャンペーン」を公開中です。

【人材派遣のCCC ヘルサマーキャンペーン】
人材派遣のCCC ヘルサマーキャンペーン DLsite.com直リンク


随時、他のCDも販売開始予定です。
作品に興味を持って頂いた方で音声コンテンツも聞いてみたいという方はぜひぜひ!
カテゴリー:開発記録 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年12月07日 (水)23時36分

登録社員名簿:091 『虎先鋒』八街 虎弥太

「てめーらみてろよ!俺っちのキューキョクオーギをな!」

【名前】八街 虎弥太(やちまた こやた)
【通り名】『虎先鋒』
【所属】ブルーリボン
【年齢】16歳
【容姿】「なんかコ○コ○コミックの格闘漫画にいそう」(同僚談)
【正業】ブルーリボン所属 三番隊四席
【経歴】
 ブルーリボン斬り込み隊長の一人。
 公務員勤めの傍ら貧乏道場を経営する父のもとに生まれる。
 真面目なサラリーマンの道を選んだ長男に対し、類い希な『戦の才』を持って生まれた次男の彼に、父は自らが諦めた武の道のすべてを叩き込んだ。
 中学卒業後すぐにBR社に入社。以後は自ら志願し度重なる実戦を繰り返し、一年足らずで剣を扱う三番隊の四席まで登り詰めた。
 反面、頭脳については学校の頃からほとんど授業を放棄し修行と喧嘩に明け暮れていたため、日本語の読み書きさえ怪しいレベル。
 現在は業務に必要という名目で、鬼の三番隊隊長に学力を取り戻すべく猛勉強をさせられている。
 学識が皆無なだけであり、頭が悪いわけではない、らしい。

【スキル】
『八街流長巻術』
 彼の修める武術。
 長巻(長大な大太刀)を用いる刀術、であるが、実際には武器術としてよりも戦場スキルとしての意味合いが強い。
 喊声を轟かせながら己の武器を縦横に振るい敵陣に突撃し血路を開く。
 縦横に振り回せるなら槍でも旗でも金属バットでもなんでもよい。
 防御を考える暇があればその分をさらなる一太刀に費やし、一人でも多くの敵をなぎ払う完全攻撃特化の武術。
 防御は埒外、生きてりゃ安い。

 その真価は軍と軍のぶつかり合いである乱戦において最大限に発揮される。
 彼が先陣となって戦列を切り崩した際は、喊声により敵軍に恐慌と守備力低下の効果を付与し、自軍に士気向上と攻撃力上昇をもたらす効果がある。
 試合では反則常套の三流選手。
 死合では攻守の均衡を欠いた二流剣士。
 而して戦場では、敵陣に斬り込み埒をこじ開ける一流の先鋒。

『血震う修羅』
 戦場の才覚。
 傷を負い血を流せば流すほどにその剣は冴えと威力を増し、剣気は吶喊となり敵を圧する。

『三途帰り』
 戦場の才覚。
 どれほど死の淵に近づこうと必ず最後には生を拾う、致命傷を避ける本能、生き汚さ、そして悪運。
 無謀な剣術で激戦の直中にありながらも確実に生還する能力。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年12月07日 (水)22時37分

登録社員名簿:090 『碁打ち』松郷 誠志朗

「そのツナギをここで切る……ハイこれでバラバラ、後は各個撃破で」

【名前】松郷 誠志朗(まつごう せいしろう)
【通り名】『碁打ち』
【所属】ブルーリボン
【年齢】24歳
【容姿】事務系の冴えない兄ちゃん
【正業】八番隊隊員(特務)
【経歴】
 達人揃いのBR社には珍しい、竹刀すらまともに握った事のない貧弱な青年。
 普段は後方支援を担当する八番隊の冴えないヒラ隊員として、前線の隊員達の警ら順路の設定や、通報システムのメンテを担当している。
 しかし彼の本領はその頭脳、ずば抜けた戦術指揮の才にある。ひとたび何十人もの隊員が駆り出される『戦』となった際にはその本領を発揮。
 地形、敵の陣形、機を読み、そして何より、個々人は強くとも所詮我の強い武芸者の集まりでしかないブルーリボン隊を巧みに運用し、部隊としての戦闘力を飛躍的に向上させ、勝利を導くBR社の切札のうちの一人。

【スキル】
『戦術指揮』
 戦士達を運用して戦う方法。
 一応彼の実家は古流の軍学を継承したとされているが、当人いわく「カビが生えててクソの役にも立ちませんでした」とのこと。
 彼が立案するのは、一見昼行灯のあてずっぽうとも思える作戦だが、実際には緻密なデータと水も漏らさぬ検証で組み上げられている。
 特筆すべきは「要」の見定め方で、不利な戦や乱戦でも、敵が隙を見せたその瞬間に「要」を衝き、連携を裁ち、部隊を個人の寄せ集めに帰してしまう。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年12月02日 (金)01時21分

登録社員名簿:089 『征圧戦車』ロト・エイゼンシュタイン

「諦めろ。ここがお前の終着点だ」

【名前】ロト・エイゼンシュタイン
【通り名】『征圧戦車』(メルカヴァ)
【所属】シグマ・コーポレーション
【年齢】36歳
【容姿】古代の豪傑を思わせる体躯に最新のサイバーコートを纏う
【正業】シグマ米国本社 第三班主任(A級)
【経歴】
 シグマ米国本社で実働部隊の隊長を務める屈強な古豪。
 戦場で鍛え上げた己の体躯と、それに奢らず最新の技術を躊躇いなく駆使する死角のない現代の戦士。
 格闘、ナイフ、銃火器各種、車、ヘリ、戦闘機の操縦、そして部隊指揮と、単騎でも十二分に戦場を震撼させる強力なエージェントであるが、彼専用に組み上げられた二輪兵器『メルカヴァ』に搭乗した時は、一線級のエージェントが複数がかりでも止められないほどの戦闘力を発揮する。

 かつて深夜の名神高速にて、潰走する海鋼馬の部隊を追撃していたCCC大阪支店のメンバー達の前に突如として出現。
 名神高速を火の海と変え、実力者揃いだったエージェント達を蹂躙、壊滅させ、CCC大阪支店をしばしの休業に追い込んだ一級危険人物。
 (後に、その任務において海鋼馬とシグマは共同で事に当たっており、海鋼馬の要請でしんがりを任されたのが彼だったことが判明している)


【スキル】
『征圧戦車』(メルカヴァ)
 かつて任務で重傷を負い、サイバネのインプラントを決意した彼のために、シグマが多額の予算と最新技術を詰め込んで開発した、彼専用のモンスターバイク。
 分類としては一応二輪であるが、巨大な車輪、戦闘機用ジェットエンジンを無理矢理分厚い装甲に押し込めた馬鹿馬鹿しいほどの偉容は、古代の戦車を彷彿とさせる。
 車体の各所に大経口のショットガン、長大なポールウェポン、手榴弾等がマウントされおり、ロトの脳とダイレクトリンクしたAIは、従順な『御者』として、彼に最適なタイミングで武装を供給。
 重装甲でありながらすさまじい速度、壁、天井すら走破する三次元機動により、まさしく縦横無尽に破壊を振りまく。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年12月02日 (金)00時52分

登録社員名簿:088 『萱鼠』鴨ヶ谷 菜純

「もうやだー勘弁してくださいよー潜入捜査なんてー!」

【名前】鴨ヶ谷 菜純(かもがや なずみ)
【通り名】『萱鼠』(かやねずみ)
【所属】イズモ・エージェントサービス
【年齢】20歳
【容姿】小学生に間違われるほど童顔小柄の女性
【正業】イズモ正規調査員
【経歴】
 イズモ専属の調査員。メンバーの中では珍しい『足で探す』タイプ。
 獣人、それも鼠の因子を持つらしく、どんな建物にも潜入し、犬以上の嗅覚であらゆる情報を集めてくる。
 本人の推理や分析のセンスは一般人並みのため、同僚や上司の助手としてビルや施設に潜入するのが主要な任務。
 優秀ではあるが、極めて小心。
 かつてはタチの悪い連中に逆らえず、窃盗団の手引きをさせられていた。
 不幸な境遇のようだが、成功するとすぐ調子に乗ってドヤ顔をかますので、同僚達からはあまり同情されていない。
 いざとなれば獣の力で戦えないこともないが、基本的には逃げの一手。

【スキル】
『ネズミの抜け穴』
 天性の潜入能力。
 自分の頭が入るだけのスペースがあれば、エアダクトや建物の隙間にもするすると潜り込んでいってしまう。
 感覚能力も研ぎ澄まされており、情報集めにはうってつけ。
 ただし敵に遭遇したりトラブルがあったりするとすぐ逃げだそうとするので、どうにかしてなだめすかして任務に従事させなければならない。
 天敵は蛇の要素を持つ能力者。逃げ出すことも出来ず硬直してしまう。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年11月25日 (金)01時23分

登録社員名簿:087 『銀の兵士』CZ-812CE

「>...It's time of extermnate.」

【名前】CZ-812CE
【通り名】『銀の兵士』
【所属】シュライン・オブ・シュリーガメンバー
【年齢】4歳
【容姿】全長六メートル程度
【正業】PMC『アイアンウォール』社長
【経歴】
 ランカーエージェント、北米四位。
 純粋なる傭兵。
 オンライン上にPMC(民間軍事会社)を設立しており、依頼を受け世界中の紛争地帯に武力介入し、その圧倒的な火力ですべてを殲滅する。
 実働部隊は彼ただひとりであり、他のスタッフはすべて彼のメンテナンス、補給、顧客との交渉代理人として存在する。
 彼の火力を必要とするほどのミッションはそう多くなく、結果としてランカー四位にとどまっているが、戦闘能力は他のランカーたちと比しても、正しく『桁違い』である。
 ランカーたちによる社交サークル、シュライン・オブ・シリューガのメンバー。
 時々開催されるパーティでは、彼とコネを作るために、各地のテロ組織やゲリラの関係者が紛れ込むこともしばしば。

【スキル】
『鋼の体』
 全長六メートルの人型の鋼のかたまり。
 チタン合金とナノカーボンをベースとした多層複合装甲、疑似縮退炉による膨大な推進力、それを惜しみなくトルクに転用した大出力にて、超音速で各種重火器を展開、殲滅する。
 そして発電によって得られる膨大な電力による人工筋肉制御にて、生身と違わぬモーションをトレースし、必要に応じて戦車や戦闘機相手に格闘戦を繰り広げる。
 普段は太平洋の某島に基地を敷設し、スタッフによるメンテナンスを受けている。ひとたび依頼があればカタパルトにて出撃し、地球のどこであろうと六時間以内に到着し殲滅を開始する。

『各種武装』
 彼専用にカスタマイズされた重武装。
 ヘビィマシンガン、スラッグガン、グレネードランチャー、多弾頭ミサイル、ロケットランチャーなどの火器、膨大な電力を転用したレーザーライフル、レールガン、パルスブラスター、硬度と重量にものをいわせた白兵用ナイフ、アイアンクロー、パイルバンカー、サムライブレードなどを任務に応じ適宜装備し使用する。
 最悪の切り札として縮退炉を使用したブラックホールの射出も可能。
 
 目立ちやすいとかそういう次元のレベルの話ではないので、通常、派遣社員が町中の任務で遭遇することはない。
 万一遭遇してしまった場合は、『目撃者をゼロにする』事が前提と思われるので、速やかに逃走を図るか、覚悟を決めるより他ない。


カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年11月25日 (金)00時33分

派遣会社概要:018 『北多摩シルバー人材センター』

【法人名】
 公益社団法人 北多摩シルバー人材センター

【代表】
 代表理事 佐藤 治男

【概要】
 現役を引退された高齢の方に、経験と能力を社会に参加していただき、生きがいの充実と福祉の増進をはかる……それがシルバー人材センターである。

 この北多摩シルバー人材センターもそれらの一環であったが、理事にかつて某内閣の懐刀と恐れられた佐藤氏が就任してからはその性質が変化。派遣業界において現役を引退し、割とヒマを持てあましている高齢異能力者を積極的に引き取り、もとい受け入れ、高齢者専門の『派遣会社』として活動するようになった。

 現在は、かつて鬼王を切り伏せ剣聖と謳われた古流剣術の元道場主、魔術師ギルトの会長を務めた大賢者、世界大戦で各国を震撼させた元間諜、登仙したくせに俗世に関わりたがる仙人などなど、SS級のチートじじいども……もといご老人に時々仕事を依頼し、社会活動、お小遣い稼ぎ、ストレス解消をしてもらうという最凶の派遣会社と化している。
 ぶっちゃけそうやって暇つぶしさせてないと、現役世代のメンバーにいらん口を出したりろくなことがなかったりするので、扱いに困った道場や魔術師ギルドの依頼を受けて佐藤氏が引き取ったというのが真相だったりもする。

【所在】
 北多摩某所、市民会館そばのビル。碁会所が併設されており、だいたい行き場のないヒマなメンバーがやくたいもない話を延々と続けている。うかつに近づくと武勇伝と世間話と説教を浴びせられるので注意すること。


【業務】
 基本的になんでも。メンバーが気に入った仕事を受け、他の派遣社員が戦っているところに乱入、好き放題暴れまくり若いもんに活を入れて、「ワシが若い頃は~」と一席打つ。大概うっとうしい。
 だいたい一通り憂さを晴らせば落ち着いて帰るので、任務で遭遇した際はうかつに戦闘には持ち込まず、喫茶店につれこみ三時間くらい愚痴を聞いてやった後放逐するのが最善手である。
 『人災派遣』の異名を取る派遣会社のバイトいわく、『さすがにウチもあそこよりはひどくないでしょ?』とのこと。
カテゴリー:_設定資料_派遣会社紹介 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年11月22日 (火)11時42分

派遣会社概要:017 『リベンジ騎士団』

【サイト名】
 リベンジ騎士団(オーダーズ)

【代表】
 アカウント名『CSG47』(噂のみ。実在は確認されていない)

【概要】
 派遣業界の暗部、個人に代わって能力者が犯罪を代行する『闇サイト』。
 一時期ネット上の掲示板などを通じて無法者が犯罪を請け負う『闇サイト』が現れたことがあったが、それらのうちの一つが突然変異を遂げたと思われる。
 同じく犯罪に荷担する海鋼馬は、法人や資産家、地下組織を主な顧客とし、それゆえに業界の不文律『仁義』が介在し、ある程度の交渉の余地がある。
 しかし個人を顧客とするリベンジ騎士団は業界の『仁義』に一切頓着せず、『顧客の希望である』事を大義名分とし、罪なき一般人であろうと傷つけ、さらい、時には命も脅かすならず者の集まりである。
 世間に対する派遣業界、異能力者達の信用を脅かす存在のため、派遣会社各社がこのサイトの正体を追い、構成員を狩っているが、依頼は暗号メールと電子マネーだけで行われており、末端の所属メンバーを捕まえても実態の解明には至らない。
 所属メンバーの規模は不明だが、ほとんどはまともな派遣会社に所属できない三下、あるいは『力は好き勝手に振るいたいが、面倒くさい仁義に縛られるのは嫌だ』という者ばかり。
 忌むべき事だが、通常の派遣会社に所属していながら別名義でこちらにも所属し、裏で仁義にもとる非道を行っている者もいるとの噂もある。

【所在】
 事務所や社長、社員の所在等々一切不明、ウェブサイトすらも持っていない。
 一般世間に埋もれている、強い恨みや怒りを抱え込んでいる個人をどうやってか見つけ出し(異能力が用いられていると推測される)、メールやSNSで接触。
 『貴女の恨み、晴らしてあげますよ』『今こそ社会に正義の鉄槌を下すべきです』などと誘惑し顧客とする。
 個人が顧客となるため報酬額は他社のそれに比べ格段に低いが、それでも任務を受けたがる者は少なくないとされる。

【業務】
 個人が抱える恨みや怒りの代行。
 とはいっても殆どが、『俺を振ったあの女を破滅させてくれ』『俺が入社できなかったあの会社を潰してくれ』など、明らかな逆恨みばかり。
 反社会的な依頼内容と、自制心に乏しい卑劣な異能力者達、そしてこの『リベンジ代行』という大義名分が揃うと、容易に度を超した犯罪や暴走が発生する。
 彼らと事を構えるときは、世間から見ての仕事としては小規模ながら、うずまく個人のエゴや情念といった、生々しいものと向かい合わざるを得ないだろう。
カテゴリー:_設定資料_派遣会社紹介 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年11月22日 (火)01時59分

登録社員名簿:086 『赤髭蛮王』カイリ・マカリスター

「では、鋭意努力させて頂きます」

【名前】カイリ・マカリスター
【通り名】『赤髭蛮王(バルバロッサ)』
【所属】フリー(独立)
【年齢】26歳
【容姿】燃えさかるような赤毛の女性
【正業】エージェント専業
【経歴】
 ランカーエージェント、世界一位。
 現時点で「最強のエージェントは誰か?」と問われればとりあえず彼女の名が上がる「魔法剣士」。
 もともとは欧州から北米に移民した魔術師一族の末裔で、代々魔術を用いた様々な稼業に勤めてきたが、派遣業界の成立とともにエージェント専業の一族となった。
 カイリも幼少の頃から任務に参加。
 任務で出会ったエージェント達の技を貪欲に身につけることで頭角を現し、若くしてランカー一位に登り詰めた天才。
 戦闘、魔術、調査、交渉なんでもこなす万能エージェント。
 他のランカーが程度の差こそあれネジの外れた面子なのに対し、彼女自身の人格は驚くほど普通にして常識人。
 ランカーについても、日々の任務を真面目にこなしていた結果として辿り着いたという程度の認識である。
 ちなみに他のランカーからは「つまんねえ奴」「ちょっとキャラ薄くない?」「もっとはっちゃけてもいいのよ」などのコメント多数。

 ランカーになってから跳ね上がった貯金額の扱いに戸惑っており、とりあえず実家を新築したりなどの家族サービスに努めている。
 
【スキル】
『魔術』
 地水火風、光闇霊呪、調査解析魅了抗呪諸々、広大にして万能の魔術の大半をほぼ知識・実践マスターしている。
 先祖から受け継いだものも多いが、任務で同行したエージェントのそれを見て学んだものも多く、本人曰く「体系立てられていないごった煮」。素養と努力に支えられたそれは、いずれもハイレベルな威力と精度を誇る。

『武芸百般』
 元々は実家に伝わる退魔の剣術。
 本来は魔術が使えないときの護身用程度の者だが、こちらも出会ったエージェント達との実戦により磨き抜かれており、並の達人程度ではとうてい太刀打ちできない技量に達している。
 槍、斧、弓等もかなりの練度で使いこなす。

『魔法剣』
 武器と魔術の複合技。
 剣に炎や雷を纏わせ切りつける、『護りを打ち破る』という概念を乗せる事で呪術や状態異常の成功率を上昇させるなど。
 戦術パターンは武器と魔術の組み合わせに応じてほぼ無限に存在する。

『学習と戦闘経験』
 ある意味彼女の最強のスキル。
 彼女自身の能力は強力であるが奇異ではない。
 しかし若くして歴戦の彼女は敵の不意打ちには慣れており、いわゆる「初見殺し」や「ハメ技」系の能力をかなりの確率でかわしてのける(レジスト、即死回避系のマジックアイテムもいくつか所有していると推測される)。
 そして二回目からは自らの豊富な戦闘パターンから最適解をはじき出し、完璧な対策をしてくる。
 剣を封じても拳で、魔術を封じても知識と知恵で難局を切り抜ける、あるいみエージェントの鑑。
 
 チート能力はない代わりにメタ対策が出来ない。
 情報流出が激しいランカーにありながら上位をキープできている由縁。
 彼女と事を構えるならば、同格のランカーエージェントを複数雇って実力勝負ではねのけるのが最適、かつほぼ唯一の方法である。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年11月20日 (日)14時05分