FC2ブログ

猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人災派遣TRPGリプレイ『かがやけ!ゆるキャラの星』 03


●第2ラウンド



GM:ということで、イニシア降ってもらいましょう。
一同:はーい。

 結果、天美、カヤカ、チシャ猫、紗綾、秀史の順となった。

GM:セカンドになってから如実にイニシアが下がったなあ。
天美:イニシア値上げる手段が結構限られてるんですよね~。
カヤカ:その分、イニシア弄れるスキルは使い勝手よくなってますね。
GM:では、配置を決めてください。現在、調査項目は2つ。それからもちろん、競技二回戦への参加だ。
カヤカ:おれは気楽な調査に回るから頑張ってな!
秀史:調査は「兄とやらについて」と「賭けに参加」か。やはり参加したほうがいいものか。
天美:「参加することで何か情報が得られるかもしれませんね」
チシャ猫:「賭けはチシャいくにゃ」
天美:紗綾さんがねぎざむらい、今回は私がせんべいまる。あと一人、競技のサポートに回すか、調査に回るか、ですね……。


 相談の結果、
  紗綾と天美が競技。秀史が「兄」を調査、チシャ猫が賭けに参加。
  万能型のカヤカが行動順を遅らせ、最後尾でどちらかをアシストする
 こととなった。



map5-2.png



天美:では配置コストを支払って……と、競技参加なら0でしたね。
チシャ猫:観客席は1D6-3ってなってるけど。
GM:後述しますが、賭けによって参加費が変動します。うまく行けば逆に儲かるかも。
チシャ猫:(ころころ)わあい、-2。
GM:おおっと。チシャさんは運よくAPが回復しました。
天美:えっ、回復もあるの?
GM:ギャンブルに勝ったという演出ですね。どんなギャンブルをやったかについては、手番のタイミングで!

●ファストフェイズ

GM:ファストフェイズ、何かありますか?
カヤカ:今回は高速移動の必要もないから、特にないなあ。できる人は『後退』選択で。
GM:はーい。

●カヤカのターン(先送り)


GM:まずは調査メンバーのターン。初手はカヤカくん、なのですが。
カヤカ:いったん手番を空けて、何か次のイベントが発生した時にすぐにかけつけられる、というポジションを取りました。ホテル内をうろうろしてる感じです。
GM:はーい、ではホテルのソファに座ってみたり、バーの入口のメニューを眺めたりしていてください。
カヤカ:「このソファふっかふか……!」「グラスビール1300円!?マジかよ!」(笑)
天美:「ダメよ、カヤカ君。未成年なんだから」
カヤカ:「仕事中に公の場で飲むつもりはないカナー」
秀史:「なに、任務上、年齢誤魔化してでも飲まなければならない時もある」
天美:「もぉ……。みんな都合よくルールを破ることばっかりうまくなって」
紗綾:「お酒はダメなんですぅ」


●チシャ猫のターン


GM:次はチシャさんのターン。賭けについて調査すべく、君は観客席に潜り込むのであった。
カヤカ:潜入する着ぐるみ……。
GM:ちなみに、会場には普通のお客さんの他にも、ゆるキャラのコスプレをしてる女子とか、偽くま○ンみたいな被り物をつけているお祭り好きも多数参加しているので、君の格好はそれほど目立っているわけでもない。
カヤカ:野良着ぐるみがいてもおかしくはないわけだ。
チシャ猫:「にゃー、アイデンティティがー!」(笑)
GM:「んー?あんなゆるキャラいたかなあ?」「知らね。よっぽどマイナーなのか?」
チシャ猫:「チシャだにゃ。アングラだにゃ。あ、ドリンクとかはいらないにゃー」……などと、寄ってくる売り子さんをあっさり断りつつ、賭けの受付を探すにゃ。
GM:君は大会規約をチェックする。しかしそこには、はっきりと「賭博行為は禁止」と明記されているね。もちろん、賭け事の受付場なんてどこにもない。
チシャ猫:ふんふんふーん。そうにゃねそうにゃねー。
GM:では賭け事についての調査判定お願いします!
チシャ猫:ファンブル以外は自動成功……(ころころ)29、あぶな!
天美:ダイス目が1、2、2でちょっと怪しかった(笑)。
カヤカ:なんでそういう時に限って危ねーんだよ!(笑)
チシャ猫:ちょっとギャンブルに熱くなって焦ったにゃ。
秀史:(笑)。
GM:では、会場に入ってすぐに気がついた。賭けをやっていると思しき観客達は一様に、スマホで何かのアプリを夢中でいじくり回しているようだね。
天美:んん?専用アプリが配られてるのか、出回っているのか。
紗綾:アングラアプリ?
チシャ猫:意外と公式かもにゃ?(笑)
カヤカ:公式提供の非公認アプリ……。
紗綾:アプリで勝つとカードが貰えて、ホテルの外で買い取ってもらえたり(笑)。
秀史:きっと賭けの報酬をボールペン〇〇円分でくれるんですよ。
チシャ猫:では、1回戦で負けて熱くなってそうなお客を見つけて話しかけます。「ねぇねぇ、オニーサンちょっといい?」
GM:「ちっくしょー!山形キメラのヤロー負けちまいやがった!!……あん、なんだよ、うわっ、ネコ!……か?」
チシャ猫:「チシャだにゃー。オニーサン何やってるんだにゃー?」
GM:「お、おう、あんた選手、じゃねえな。名前ねえし」(スマホをチェック)
チシャ猫:「チシャはチシャだにゃー」
GM:「……ま、まさか運営かよ!」慌ててスマホをオフにして、後ろ手に隠す。
天美:ん?一応取り締まってはいるのかな?
紗綾:建前上非公式?
チシャ猫:正直ボクが簡単に見つけれるなら運営も気がついてると思うんだにゃー。噂になってるし。
秀史:気づいていて黙認しているのか。
チシャ猫:「ね、それ何?チシャもギャンブルしたいんだけど」
GM:「ン?ああ、なんだ。あんたもイケる口か」男は露骨に安堵した表情でスマホをオンにする。「へへ、了解了解。ほれ、紹介コードを発行してやるから、これでアクセスしろよ」画面にQRコードを表示。
チシャ猫:「んんー?もしかして、紹介コードで登録すると、オニーサンにいい事ありそうだにゃ?だにゃ?」
GM:「おう!一人紹介すると一回タダでエントリーできるんだよ。助かったぜ、これで二回戦も楽しめるってもんさ」
紗綾:招待でどんどん会員を増やす方式ですか。
カヤカ:ああ、マルチ的な何か。
秀史:ネズミ講だ……。
紗綾:ネズミ講に手を出す猫の図。
カヤカ:ギャンブル狂いの着ぐるみ猫って相当やべー絵面じゃねーか…?
チシャ猫:うーん、チョロすぎる。簡単にバラすのはどうかと思う……。
カヤカ:こんだけ簡単に参加できるくらい土壌ができてるってコトなのかな?
チシャ猫:そもそも携帯アプリで参加なのに、ホテルのWifi経由必須とか、もうやってる人バレバレのバレでしょ。
天美:そういえばそうでした。
チシャ猫:アングラだから運営に苦情は来ないし、参加者のつまむ部分の割合が多くても文句は出ないし、いいことづくめだにゃー。
カヤカ:やっぱ公認じゃねえか?
天美:公認はしてないけど、運営はしてるパターン?
チシャ猫:「なるほどなんだにゃー、オニーサンありがとねー」
GM:「おう!あんたも楽しみなよ!」男はさっきまでのイライラは嘘のように、飲み物を受け取って人混みに消えていった。
チシャ猫:「結構あっさりだったんだにゃー」
GM:君が周りを見ると、他にも何人も同じアプリを立ち上げている人間がいる。
チシャ猫:ウイルスチェックして、アプリを起動してみるにゃ。


 チシャ猫がアプリを起動すると、そこにはゆるキャラたちの写真が掲載されていた。
 競技前に誰に賭けるかを決めて、クレジットカードで課金し、勝つと口座に金が返ってくる、というもののようだ。



カヤカ:きっとタイトル画面はファンシーなゆるキャラ大集合なんだろうなあ。
チシャ猫:「クレジットカードかぁ。履歴が残るのはいやにゃね」
GM:おっと、プリペイドにも対応しているよ。
チシャ猫:良かった良かった。
紗綾:至れり尽くせりじゃな。
GM:君はざざっとチェックする。作り自体はシンプルなものだが、データ送信元のサーバーをたどるのはかなり難しいようだ。
チシャ猫:「ちぇ、セキュリティはしっかりしてるにゃね。これハックするなら自宅のマシンいるわぁ」
GM:おりしも今、一回戦の後半戦の真っ最中。君たちが勝ち残った硫酸落下ゲームについて、熱い賭けが行われている。
チシャ猫:硫酸落下ゲーム?
GM:間違えた。「ゆるキャラマッスルクイズ」です!!!(一同爆笑)
チシャ猫:(爆笑)
GM:「ゆるキャラマッスルクイズ」ですから!!!
カヤカ:……やっぱりあの下やべーんじゃねーか!?
紗綾:いろいろヤベーイ状況というのはよくわかりますぅ。
GM:ということで、スマホが鳴る。『次のゲームにエントリーしますか?』
チシャ猫:「当然だにゃー」
GM:タップすると、これからクイズゲームに挑むゆるキャラの写真とオッズ(掛け率)がずらりと表示されるね。
チシャ猫:お小遣い稼ぎの仕事でもらったWEBマネーの1つから入金。
GM:君にはいずれも馴染みはないが、過去の大会の成績などによって掛け率が決まっているのだろう。
秀史:今までの戦績もあるくらい前からやってるんですねぇ。摘発もされずに。
天美:豪華客船の船上とかなら、公海上でやれば問題ないのにね!
チシャ猫:3AP消費してトライ。経費でギャンブルとか夢の響きだにゃー!
紗綾:領収書はどうやって切るんでしょうね(笑)。
チシャ猫:本当だよ!(笑)
GM:……では、君は初回それっぽい候補に適当に賭ける。……残念ながら負けてしまった(参加料-3AP)。
カヤカ:それっぽい候補、たぶんキメラ系なんだろうな……。
チシャ猫:「ぐぁぁぁ、何やってるんだ!LOVEキゥイみかん犬!!!!蹴落とせやぁぁぁぁ!!!!」
天美:キメラゆるキャラを創造しない!!
チシャ猫:「殺せ殺せぇぇぇぇ!あ゛、あ゛ー!何落ちてんだてめぇ!!!根性なしがー!!!」
秀史:「おい、素がでてるぞ」
GM:そして、もうちょっとやってみると、今度は勝った(このエリアに参加した際の+2AP)。
紗綾:決済名は偽名になってそうですぅ。
GM:ちなみに、課金も返金も至極スムーズであった。アプリとしても過不足なくよくできているなあ、と君は思ったのであった。
チシャ猫:「え、なに?スムーズ?なに?今それどころじゃないんですけど!」
紗綾:ドはまりしている(爆笑)。
GM:周りの観客も酒が入ってヒートアップして、もう賭けてるのを隠すつもりはないようだ。君と同じようにヤジを飛ばして、めちゃくちゃ盛り上がっている。
天美:うーむ、どういうノリで参加すればいいのか今一つ掴み切れてません(苦笑)。
チシャ猫:完全におじさんの守備範囲ですしね。
GM:「くそ、さっき怪傑Pナッツに賭けときゃよー!」「あんなんわかるか!万年最下位の大穴じゃねえか!」などなど。
チシャ猫:「ふぅ、まぁ経費だしいっかにゃー。(クールダウン)とりあえず、チームの皆に紹介して登録してもらお」
天美:「いいのかなぁ」
カヤカ:「えっ……やだ……」(笑)
GM:以上、調査でした。これにより次の項目『アプリの運営者』が開示されました。
チシャ猫:「紹介ポイントを全部ねぎざむらいに注ぎ込まねば!」
GM:ちなみに君たち「ねぎざむらい」と「せんべいまる」は弱小無名ゆるキャラだったので、大穴扱いとなっている。二回戦は君たちにも掛けが集中するかもだよ。
チシャ猫:あああああああ!乗り遅れたァァァァァ!!!!
GM:一回戦、二回戦 と賭けていくルールとは別に、開催前に優勝ゆるキャラを当てる一発ギャンブルももちろんある。これが一番、倍率が高い。1,000倍とか10,000倍とかもあり得る。
チシャ猫:じゃぁそれに注ぎ込もう。
秀史:一回戦始まる時点で締め切ってるだろ。
天美:正論(笑)。
チシャ猫:…………おうちかえります。


●秀史のターン


GM:次は二サン。
秀史:了解。早速、小見川実之なる人物を調べることにしよう。
天美:怪傑Pナッツが所属している、落花生店の跡継ぎになるはずだった男ですね。
秀史:イントルーダーばっかりなのも芸がないので、アウトサイダーで調べます。アドヴァイスお願いできますか?
チシャ猫:それが、『競技場から自室には干渉不可』って書いてあるんだにゃあ。アンビリカブルケーブルを自室から会場まで伸ばさないと(笑)。
秀史:あ、そうでした。了解です、ここはLPでごり押そう。
GM:チシャ猫さんなら技術的にはやってやれないこともないかも知れないが、君たちはギリギリな情報のやり取りを、ホテルのWiFiの履歴に残すのは危険と判断した。
秀史:(ころころ)14、LPで振り足して(ころころ)18!
一同:おおー!!
天美:1点でぴったり通しますねえ!すごい!
GM:君はスマホで外部に連絡を取り、独自の情報網を使って調査する。ニンジャ独特の符丁を使って単語や用語を置き換えてのやり取りであり、音声記録やメールも、事情を知らない者にはただの日常会話としか思えない。
チシャ猫:酷い!チシャというものがありながら!!!
紗綾:まさかの浮気が発覚。
秀史:セカンドオピニオンは大事。
カヤカ:……おれも外部にツテもっとこうかなあ。
GM:やがて、君が懇意にしている情報屋から連絡が入る。「シタナガか。例の男の件、わかったぞ」……実際の単語は、符丁で当たり障りのない言葉に置き換えられています。
秀史:「助かる。情報料は後で送金しておく」
GM:「小見川 実之。『小見川落花生店』の店主として、最近まで活動していた男だ」
カヤカ:最近まで?
GM:「一応伏せられてはいるが、傾きかけた店を救うために、怪傑Pナッツのぬいぐるみに入って参加していたのは彼で間違いない」
秀史:「ほう。あの動きは明らかに殺し方と壊し方を知っている動きだったが」
GM:「頭は良いが、どうにも運動はからきし。とにかく真面目だが要領の悪い男、という評判だそうだ」
天美:やっぱりあの剣がカギかな……?
紗綾:修行もしないで強くなれることはないですぅ。
GM:「ここ最近、彼の姿が見えなくなっている。そして、その少し前から、何やら怪しい連中とつるみ始めたという噂だ。……なんか和菓子屋には不釣り合いな「コンサルタント」って名乗る連中が出入りしていたって話だぜ」
秀史:「コンサルタント……?」
天美:「私、その単語には嫌な印象しかないですね」
チシャ猫:「ち、チシャは噛んでないにゃよ!?」
秀史:「コンサルタントなんて資格がなくても名乗れるからな」
天美:「素人を能力者に開発しては使い潰す。そういう連中に心当たりがないわけじゃないので……」
GM:ということで、『怪しいビジネスパートナー』が調査可能となりました。
紗綾:『アプリの運営者』『怪しいビジネスパートナー』……どっちもきな臭くなってきました。
GM:待機しているカヤカくんは二回戦終了後、このどっちかに挑戦しても良い。
カヤカ:了解。ま、使える職能的に『ビジネスパートナー』の方しかないよな。



●第ニ競技(紗綾&天美)


GM:さあ次は二回戦!がんばってかわいいモーションでいいね!を稼ごう!!
天美:なんだろうか、この妙に徒労感を煽るコピー。
カヤカ:この大会にKawaiiムーブって必要なのか?
チシャ猫:そもそも前回、かわいいモーションなんてありました、か……?
カヤカ:巣に水を流し込まれて溺れる足を必死に動かすアリをかわいいと表現するなら?
天美:視聴者側も完全に無様に足掻く社会の底辺を嘲笑う感覚ですからねえ。
GM:『ピン ポン パン ポン まもなく二回戦が開始となります。選手の皆様は会場に集合してください』
秀史:「頑張ってこーい」
天美:「はぁ。まぁ、やるからには勝ちに行きますけどね」
紗綾:頑張りましょう!


 『FORESTV』のロゴが会場に浮かび上がる。
 再び入場するゆるキャラ達。数は大幅に減っているが、その分生き残った者たちのオーラは段違いとなっており、もはや鬼気迫るものがある。



GM:「さあやってきました二回戦!過酷な一回戦を勝ち抜いた愛らしいゆるキャラたちの入場だッ!!」
天美:なんだかなぁ(笑)。
GM:ド  ド  ド  ド  ド  ド  ド  「オオオーッ! 殺せーッ!」「よくも俺を破産させやがって!死んじまえー!!」「キャー!勝って!勝ち残ってー!!」
紗綾:『ほほう、良い歓声じゃ!』
GM:「ファンの皆様の熱い歓声に迎えられて、選手たちのエントリーだ!!」
秀史:熱い……?
カヤカ:ゆるキャラ #とは
GM:チシャさんは当然観客席にいるので、観戦できます。
チシャ猫:「殺れぇ!ねぎざむらい!全部叩き切るんだー!」
紗綾:『おおう!任されよッ!』
カヤカ:賭けてるわこいつ。
GM:『二回戦!ゆるキャラグルメトライアスロン!! その会場を紹介するぜ!』
天美:猛烈に嫌な予感がします。
紗綾:『なーに、全て斬り伏せれば問題なしじゃ!』
チシャ猫:「そうだそうだー!」
紗綾:「うう、猫さんが壊れてしまったですぅ」
カヤカ:で、本当の二回戦のタイトルはなんなんだ?(笑)


 会場についた一同。すると一回戦の名残はまた綺麗サッパリ拭い去られ、先ほどとは一転して、長大なサーキットが設置されているのであった。


紗綾:サーキット……。
チシャ猫:しかも長大な(笑)。
秀史:このホテルってサーキット置けるのか……。
チシャ猫:多分有名人が何億もかける結婚式とか出来るんでしょうね。
天美:ぬぅ、あれぞまさしく中国拳法で言うところの殺暉兜(さーきっと)……!とか言ってしまいたくなる(笑)。
GM:そこには、これまたユーモラスなマスコットキャラ、ただし人型ではなく動物系のそれがいくつも配置されてるのであった。
紗綾:『アレを切り伏せながら進むのか』
チシャ猫:納得が早い。
GM:「みなさんには、サーキット場に配置された動物さん達を追いかけてゲットしていただきます!!」
カヤカ:あ、リアルミニ四駆じゃないんだ。
秀史:着ぐるみ、ゲットだぜ!!!
紗綾:殺ってしまってもかまわんのか?
天美:まあ、私がつかまえる担当じゃないとダメですよね、これ。
GM:「そして、調理担当の皆様は、こちらにどうぞ!」というと、ねぎざむらいの乗っていた床がウイーンとせり上がるのであった。
カヤカ:調理担当……。
GM:「調理担当の皆様は、この二階のステージで腕をふるっていただきます!追跡担当の方がサーキットを走って、動物さんをつかまえる!つかまえた動物を二階席に運び!それを調理担当が調理します!料理を作れば、ミッションクリアです!」
秀史:「……捕まえた着ぐるみに応じた食材をもらえるのか?」
チシャ猫:「着ぐるみの中に動物はいってたら面白いにゃー」
天美:ん?配置されてるのはマスコットキャラ、ですよね?
GM:よく見ると、動物型マスコットさんの皮の下には、最新のドローンや四足歩行ロボットのフレームが見える。
カヤカ:わぁ無駄に豪華!
GM:それをぶっ壊すと、中の食材が出てくるという構造のようだ。
チシャ猫:「なーんだ機械かー」
カヤカ:「てっきりマスコットの動物を捌くのかと思ったぜ」
GM:ということで、走って捕まえるのが追跡担当(判定)、捕まえた食材を調理担当がぶったぎる(ダメージ)となります。
天美:多分適材適所なんですよね、これ。さーやさん料理自体は苦手じゃないと思うんで。……素材選びが貧乏に寄り過ぎちゃうだけで。
カヤカ:ああー。
秀史:わかる。
チシャ猫:調理 #とは
GM:むしろ調理スキルはかなりあるのに牛肉とか料理したことないって感じ?
紗綾:「牛肉!あの伝説の食材!イノシシとか鹿なら修行中に食べたんですけど、牛さんは切り伏せようとしたら怒られました!」
天美:だからむしろここは斬りに出たがるおじいちゃんを私が制して、追跡担当にならなくちゃ!
GM:「さあ、追跡担当の皆さんはスタートラインについてください!」
紗綾:『腕が鳴るわい!」
天美:「ままま待って、紗綾さん!じゃなくておじいさん! ここは私が出ますから! 華麗な刀捌きは檀上で!!」
紗綾:『むぅ、おぬしが言うのなら仕方が無い、食材、とくと斬り落として見せようぞ!からくり仕掛けを斬っても面白くないしの!』
天美:(ほっ)任せておじいさん、刀捌きが一番映える最高の食材を採ってきますからね!」
紗綾:『やはり、命と命のやりとりがあってこその戦場よ!』
天美:「料理もある意味命のやり取りと言えなくもないけどね」
カヤカ:もっと直接的なのやりそうで怖いんだけどこの大会。
GM:「なお、二回戦から選手同士のインターセプトもありとなります!ライバルをどんどん邪魔しちゃえ☆」


 天美がスタートラインに着き、紗綾は調理場で待機となる。


GM:スタートラインには、愛らしいゆるキャラたちが沈痛に俯いて号砲を待っている。
カヤカ:『愛らしい』から『沈痛に俯いて』って普通つながらなくないです?(笑)
GM:「……これで刑期が短くなるなら……」「今度こそ家族に……」「ローン免除……」「やってやる、やってやるぞ……」
秀史:中の人が悲壮すぎるぞ!
GM:「それではみなさん!位置について……よーーい!ドン!!」


 号砲が鳴り響く。
 サーキット場に配置された動物型ドローンが逃げ散り、ゆるキャラたちは着ぐるみの足を動かして、必死に追いかけてゆく……。



GM:のだが。
天美:はい?
秀史:なんだろ。
GM:突如、サーキットの壁が開いて、でっかいハンマーが君を突き飛ばそうとする!(笑)
天美:ファッ!?
GM:(ころころ)16で命中!回避どうぞー!なお、ダメージを食らうと体勢が崩れて、判定の達成値が-8される!
チシャ猫:「……チシャ、こっちじゃなくてよかったにゃー」
カヤカ:無駄に金掛かってるよなあやっぱり!
天美:ええい、ここは気張ります。『フラッシュムーブ』と『魔力制御』を使用。(ころころ)23で回避成功!
秀史:よかったよかった。
GM:おみごと!どんくさい容姿のせんべいまるの、思いも寄らない華麗な回避アクションに、会場からはいいね!の嵐だ!
チシャ猫:「さすがせんべいまるなのにゃー!ってどんくさいとは何事なのかにゃー!」
天美:「もー、どうせそんなことじゃないかと思ってたけど!」
GM:「あっと、言うのを忘れてましたが、コースには愉快な仕掛けがされていますので、気をつけてくださいね!!」
一同:遅いよ!!(笑)
GM:ええと、これでいいね!の合計が100を超えましたのでさらにボーナスが入ります。まずは80超えで、FORESTVからの報奨金が入る。君たち全員の報酬額が+1だ!
秀史:おおー!
GM:そして100突破で、『お目こぼし』……誰か一人の罰則判定を一回だけキャンセルできる権利をゲットしました!君たちの人気は急速に高まっている!!
天美:やったね!
カヤカ:やったぜ!
チシャ猫:「いいぞー!せんべいまるー!叩き斬れー!ねぎざむらいー!!!」
GM:「やるじゃねえか!」「一回戦の動きはまぐれじゃなかったか!」「おい、あいつらのオッズはどんだけだ!?」
天美:では、食材ゲットの判定に挑みます。不可視の妖精たちを小瓶から解放して、会場に放ちますよ。「さあ、みんな。一番美味しい子を呼んできてちょうだい!」(ころころ)39!成功!
カヤカ:おみごと!!
天美:妖精たちに一番美味しい食材を持っている動物をコントロールしてもらい、自然に捕まえやすい位置に誘導します。
GM:では君は過酷なトライアスロン……のはずなのだが、割かし動物が君に導かれるように近寄ってきたので、すんなりと捕獲できた。
天美:「いい子ね、さすが私の妖精たち!」
GM:君が捕まえたのは、鶏のドードゥル君だ。「コケッコケッ」と愛らしく鳴いている。
カヤカ:愛らしいって表現がちょっと怖くなってきましたよこのシナリオ。
GM:「さあ!ゆるキャラくんたちが動物さんたちをつかまえていくぞ!今日のごはんはなにかな?なにかな?」
天美:中身は比内地鶏かな?フレーバーで魔力の矢を使って、檀上のさーやさんに絶妙な位置へのセンタリング~!
ぱーす!
紗綾:はーい、三枚に下ろしてしまいますぅ!
GM:はいはい、ではダメージ判定をよろしく!例によって、どこまでリソースを乗せるかを決めた上で殴ってくれたまい!
紗綾:ちなみに、あと何回戦あるんでしょう?
GM:4回戦と考えてください。
天美:切札以外は使ってもよさそうですけど。
紗綾:ですね。『霊刀』『鬼神力』『アウターハウル』で……(ころころ)えいやっ!46!
天美:ひえー。これならあと2回でクリアできそうですね。
紗綾:むぅ、後4あれば半分だったのに。
GM:「コケーーーーーーッ!!」リアルな断末魔を上げて、にわとりさんは血しぶきを吹き上げるのであった。
紗綾:返す刀で鶏をぶんっ!と振って遠心力で血抜きをしよう。
GM:そして、中からカプセルに入った唐揚げ用の鶏肉がでてきました。やったね!
チシャ猫:「……それ、血しぶきいる?」
紗綾:『なんじゃい、出来上がっているんかい』
天美:いいね!が一気に168に達しました(笑)。
GM:おめでとう!報酬がさらに+2された!!
天美:えーと、また捕獲からやり直しなんでしたっけ?
GM:はい。ガンガン捕まえて捌いていこう!
天美:私はそんなに全力出さなくていい気がしてきた(笑)。
チシャ猫:後半に備えてリソースを温存するのも大事ですね。


 首尾よく食材を手に入れた一行。
 他方、周囲では惨劇が起こっている。

 「まちやがれ牛ー!!……ぎゃああああ!」(落とし穴に落ちる)
 「羊さんーまっt」(転がってきた鉄球により轢かれる)
 「よし馬刺しを狙うぞ!!……ごぶっ」(四足歩行ロボのキックを胸骨に受け陥没)



紗綾:阿鼻叫喚。
天美:ひどいゲーム……。
秀史:地獄だ……。
チシャ猫:「しかしさっきの硫酸よりはだいぶましなんだにゃー」
カヤカ:「硫酸ってマジで硫酸だったのかアレ…?」
天美:「どうせろくなものじゃないですよ……」
秀史:「知らない方が賢いだろ」


 そして二週目の判定に入る。

天美:早速次を捕まえましょう。『ウィッチメディスン』だけ使って3D6+12で(ころころ)28、余裕です!
紗綾:ぎゅうにくっ!ぎゅうにくっ!
天美:肉はあるから、次はつけあわせの高級国産舞茸とかにしたいなあ(笑)。
GM:はいさ、演出はやりきったのであとはバシバシダイスを振っていきましょう……と言いたいところなのだがっ!
天美:だが?
秀史:インターセプトかな?
GM:「待て待てまてーい!貴様らばかり勝たせるわけには行かぬ!」食材を渡そうとするせんべいまるの前に、何者かが立ちはだかる!
天美:また私の方?
紗綾:そっちに行ったー!
カヤカ:貴様は……(マップ上のチップを見る)誰ーーーッ!!(爆笑)
GM:なにやらシカのゆるキャラが、君たちを妨害する!


●エネミーネーム:『キデジカ』
11340.png
(※画像はイメージです)



天美:キデジカ!(笑)
紗綾:色々ヤバいネタが!
秀史:(笑っている)
GM:「ディアッディアッディア~~~!我こそは財団法人、日本広域放送委員会……通称JBCA(ジャパン・ブロード・キャスト・アアライアンス)のマスコットキャラ、キデジカであーる!!」
天美:またその変な笑い声ーッ!(笑)。
秀史:これはヤバい(爆笑)。
紗綾:2年ぐらいで他の組織に吸収再編成されそうなレベルの法人名ですぅ!
GM:「財団法人公式マスコットの名にかけて、貴様らのような二流ゆるキャラをのさばらせるわけには行かないのディア~ッ!!」
カヤカ:言ってることは三流だけど大丈夫か!?
紗綾:財団公認はつよい(迫真)。
GM:「ああーっと!ここでアクシデント!優勝候補の一角キデジカ、せんべいまるとねぎざむらいを強力にインターセプトだー!!」
天美:「人の邪魔してる暇があったら、自分のオリジナリティを磨いたらどうですか? そんなだからキャラ立ちできないんですよ」
秀史:こんな場所まで堕ちてきてるくせに……。
GM:「誰ディア!?今こんな場所まで堕ちてきてるくせにっていった奴は!!」
チシャ猫:あの喋り方の癖や偉そうな所、基本あんまりチシャとかわらない気がする……(がっくし)。
秀史:「そこのジャージ着てる高校生です」
天美:さすがデジタル、人の思念もキャッチしてる。
チシャ猫:君らは今自室待機中や!(笑)
GM:「あれほど!全国キャンペーンでCM映像を流したのに!電波の移行が済めばお蔵入り!誰にも見向きもされない!!」
カヤカ:アカンアカン(笑)。
紗綾:危険なネタを(笑)。
チシャ猫:「そら、元々そういうキャラだしにゃー」
天美:役目を全うしたんだから、良いんじゃないかって気がするけどなあ(笑)。
カヤカ:むしろゆるキャラとしては殿堂入りって感じだよなあ。
GM:「問答無用!吾輩は今一度!!スポットライトの下に返り咲くのディア~~!!くらえいッ!!マルチメディア双方向ウェーブ!!!」キデジカの角が怪しく輝くと、電波があたりにゆんゆんと乱れ飛ぶ!!
カヤカ:電波って視認できるんですか?(真顔)
紗綾:もうなんでもありなんですぅ!(笑)
GM:『サンダーボルト』『サンダーストーム』相当の電波攻撃だ!!
チシャ猫:電波じゃない!(笑)
紗綾:電波と電気は友達!仲間!すなわち何の問題も無い!
天美:やっぱり無理にでもお父さんに出張らせるべきでした(泣)。
GM:といっても簡易判定なので(ころころ)16目標で抵抗してくださいまし。
天美:うーん、抵抗はまあまあ得意だけど、属性ダメージは防ぎようがないんですよね~。
GM:抵抗に成功したらダイスダメージはゼロ。でも属性ダメージは入ります。……っと、範囲攻撃なので紗綾さんも対象ですよ!!
天美:なんと。(ころころ)23、ここはLPも使って……完全成功!属性ダメージも防ぎました!
GM:ちっ!では続いて紗綾さん。
紗綾:はーい。(ころころ)13、むぅ、さすがにきつい。LPを使って……通常成功です。
天美:あっ、戦の記憶があるから抵抗+1Dできた……!
チシャ猫:しまった、会場にいたから『アドヴァイス』も乗せれたにゃー。
カヤカ:あるあるだぁ。
紗綾:まあ、不意打ちと言うことで紗綾さんが動揺したのでしょう。『こんなことで動揺するとはまだまだ修行がたりん!』
GM:では、コミコミで(ころころ)15点ダメージ!
秀史:高いな!
チシャ猫:でも半減、7点ですね。
天美:これは止めようがない……。
GM:「ディアッディティア~~!!これぞ21世紀のITテクノロジー!山間の集落にも電波をお届けするのディア~~!!」
紗綾:まあ、7点ぐらいなら大丈夫です。あー、これが電気マッサージというものなんですねっ!
天美:妨害はあったけど判定は成功。いったん放置して食材をぽーい!
GM:了解。何はともあれ、食材は紗綾さんに渡ったよ!!
天美:高級舞茸内臓のまいタケル君です!
GM:ここで紗綾さんが52点を叩き出せば、このままクリアだ!
紗綾:いっきまーす!
秀史:頑張れー!
カヤカ:いけーっやれーっ!
紗綾:(ころころ)回った!55!!
GM:おみごと!!
秀史:すげー!
天美:ええええ!1回目も相当まわってたのに!
チシャ猫:凄いし、無駄がない。
カヤカ:マジで出ちゃったよ!
紗綾:ぶい!
GM:まいタケル君はずんばらりんと解体されたのであった!……いや、正直2回はきつい、3回でキデジカの妨害をもう一回って考えてたんだけどなー!
天美:さすがの天美も、紗綾さんの剣の冴えには驚嘆です。「父から話は聞いてましたけど、ここまでとは……!」
GM:中からは、これは普通に良質なきのこ、ついでに秋の野菜の詰め合わせが出てきた!
紗綾:焼きやすいように薄切りにして最後はおおおじいちゃんで串刺しにしますっ!
天美:あ、いいねが263に達しました!全員LP+1!
チシャ猫:わーいLP増やしておきます。
秀史:増やしまーす。
カヤカ:わーいわーい。LP10点!
GM:いやー200に到達するの早かったなあ(笑)。
天美:さっき使った分が戻ってきた。
GM:ということで、野菜、鶏肉が揃いました。ごはんとか味噌汁とかは自由につけて良いので、なんか好きな料理を作ってくださいまし。
カヤカ:好きな料理。
秀史:チキンカレー。
天美:照り焼きに温野菜の付け合わせとかどうかな(今食べたい)。
カヤカ:鹿肉ってジビエくらいしかないよなあ?
天美:いや鹿肉は捌いてませんからね(苦笑)。
紗綾:じゃあオーダーにお答えして。『旬の野菜ごろごろ彩りチキンカレーライス』&『キャベツたっぷりあったか鶏スープ』で~。
一同:すげえ!料理がまともだ!?
紗綾:こんなに良い食材が使えるなんて夢みたいですぅ!調味料も使い放題ですう!
天美:(審査員)「うーん、食材も悪くありませんが、この切り口が凄いですね。食材を一切押しつぶしてないから、美味しさが一切零れだしてない」
GM:審査員「ほほう、これは見事な……。ええ、ちゃんと料理として完成されています、とても美味しいですよ!!文句なし!ねぎざむらい&せんべいまる、二回戦突破です!!!」
一同:おお~。
秀史:よかったよかった。
天美:「やったわん、ねぎざむらいさま~♪(裏声)」
チシャ猫:「っていうかここまで色物なのにちゃんと味みるにゃね……」
カヤカ:「ここで落とされたら相当無念だよな」
天美:ハンター試験みたいなものです。
GM:「バ、バ鹿な、我がマルチメディア双方向ウェーブの妨害を物ともしないとは……!!」
天美:そういえばこの人どうされるんでしょう。改めて食材集めですかね?
GM:「……ハッ!?」 そんなキデジカのスキを突いて、剣が一閃する。
秀史:あ、Pナッツだ。
GM:「き、貴様は、万年最下位の……」「雑魚に要はない、失せろ」剣撃を食らって、落とし穴へと落下していくキデジカであった。
天美:南無~……。
GM:「よ……4K放送も……よろしくディアーーーー!!!」
チシャ猫:「仕事してるにゃぁ」
天美:きみPRうまいね!?
カヤカ:仕事人じゃん。
紗綾:最後までPRを忘れない、あっぱれなゆるキャラっぷり。
天美:審査員とかPナッツとか色々突っ込んでくるからツッコミが追い付かないじゃないですか!
チシャ猫:(笑)。
GM:ということで、例によってクレーンからワイヤーが吊り下げられてくる。君たちはそれを身体にくくりつけ、阿鼻叫喚の地獄から脱出するのであった。
秀史:やっぱり蜘蛛の糸。
GM:爆薬で吹き飛ばされるもの、槍で刺されるもの、食材に反撃されるもの……。まだまだ死闘はつづく。
天美:あ、何度も判定しといてアレなんですが、同じ現場にいる今ならサブアクで紗綾さんのSPを治療したりできます?
GM:おっけーです、治療を認めます。ただしこれはいいね!にはカウントされませぬ。
天美:あいー。『ウィッチメディスン』で(ころころ)31点、全快!
紗綾:ありがとうです~。
天美:でもこれで大分消耗しちゃったんで、次は忘れず自分を回復しとかないと。
GM:なお、Pナッツ氏ですが、あっさり食材を切り伏せて、相棒と思しきゆるキャラが料理を作ってクリアしました。
カヤカ:「キワモノから消えていくなー」
チシャ猫:「あ゛あ゛あ゛あ゛ー!!大穴の羊羹エガオハラ茶伝説がーーー!!!」
秀史:まだ賭けやってたのか(苦笑)。
紗綾:なぜそこで味方に賭けないんですか(笑)。
チシャ猫:「にゃーーーーー!ねぎざむらいの勝ちを全部大穴の羊羹エガオハラ茶伝説につぎ込んで一攫千金を目指したら全部溶けたんだにゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
天美:収支0(笑)。


●カヤカのターン(再)



GM:一方、遊撃に徹していたカヤカくんのターンである。
カヤカ:ハッカー技能はないし『怪しいビジネスパートナー』狙いだな。バーへ向かう。
秀史:「バーで値段見ても噴き出すなよ」
カヤカ:「酒の値段とか元からわかんねえしぃ?」
秀史:「大学の飲み会だと居酒屋で大体2時間4000円くらいだ」
カヤカ:とりあえずソファでゆっくり観戦し終えてから動き出します。
GM:では滞在コストを割増で消費していただいて……。『怪しいビジネスパートナー』なるものの尻尾をつかめないか、君はホテル内を動き回る。
カヤカ:「ビジネスパートナーっていうか、教唆って感じっぽいんだよなあ」
GM:ということで判定行ってみよーう!
カヤカ:正直どっちもどっちなんだよなあ。トラフィッカーで判定した方がいいんじゃないかなって(笑)。
天美:ねー。
秀史:非推奨技能でごり押せ!
GM:今回は判定が偏ってます。室内ミッションなので運転系は冷遇なので深謝だぜ。
カヤカ:トラフィッカーで行こう。ロールは思いつかなかいけど!(笑)
天美:トラフィッカーは足取り調査とか追跡も含む職能なので、コンサルタントとやらの足取りを調べるとかでもいけるかな。
カヤカ:んじゃ、地道に足跡を辿ることにしよう。多分声掛けたりしたのも、小見川さんが初めてじゃないんじゃないかと思うし。トラフィッカー、PP2点追加で……(ころころ)21、くそ、推奨技能なら一発クリアだったのになー!
チシャ猫:あと6!
GM:ちときつい気もしますが。
カヤカ:……いいね!のおかげでLPに余裕があるし、振り足し行ってみるか。
秀史:頑張れー(面白い出目を期待してる顔)。
カヤカ:(ころころ)1。(爆笑)
天美:ちょっ、シタナガさんっ!フラグたてないのっ!!
カヤカ:ちくしょうッ!?も、もう一回!もう一回!
GM:プレイヤーの判断にゆだねまする(笑)。
カヤカ:(ころころ)……1。
チシャ猫:カヤカってる。
秀史:カヤカはやっぱりカヤカだった。
カヤカ:あの、その。
天美:ど、どんまい?
GM:お、おかしいなあ、ここまでまっとうに来てたんだけどなあ(笑)。
カヤカ:さすがにあきらめまーすッ!!
天美:うーん、正直、フォローのしようがないほど面白かった(爆笑)
カヤカ:ダイスを振ると面白くなる人種なので……。
GM:君は、ホテルの中の人間をつぶさに観察していく。『あやしいビジネスパートナー』なる曖昧なワードだが、注意してみると、視界の端で、Pナッツが二回戦突破したときに、そそくさと席を立って彼のもとに駆けつける男たちを見つけた。これを追いかけて捕まえれば、事態が進展するかもしれない。
カヤカ:「もしかしたら、会場に来てるのか?」
秀史:「そう言えばここは、電波的に孤立していたな」
カヤカ:「……ちょーっと探してみるか」
GM:では、ここでヒキを。
カヤカ:おや?
GM:動き出そうとした君の肩が、後ろから叩かれる。
天美:どきどき。
GM:気配には敏い君だが、本当に悪意がなかったので気づくのが一瞬遅れた。
カヤカ:「あん?もう引き上げてきたのか?」
GM:「……君たちだね、ねぎざむらいの中に入っている『同業』は」
カヤカ:「はい?」
GM:そこには朴訥な雰囲気の、四十歳くらいのエンジニア風の男が居た。「はじめまして。僕は十亀。十亀達興(そがめ たつおき)と言います。このホテルのネットワークを管理している、エンジニアです」
カヤカ:「……はい?」
GM:というところで、続くッ!
紗綾:なんか引きが来た!
秀史:実に気になる引き!
天美:CUBEの社員ですか、道理で。
カヤカ:お、wikiで検索すると一発で出てくる。
天美:みんなも活用しよう! 人災派遣wiki!(宣伝)
チシャ猫:これ、賭けがバレた猫のかわりにカヤカが怒られる?
カヤカ:いや猫の代わりに謝るのはちょっと。でも猫を生贄に捧げるなんて、捧げるけど……(笑)。
GM:以上、第二ラウンドでした!
カテゴリー:リプレイ3ー5話 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2020年01月13日 (月)22時54分