猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人災派遣TRPGリプレイ『その声を守るため』 02

●第ニラウンド 調査班

GM:こんばんは~。今夜もよろしくお願いします。
一同:こんばんは~。
天美:前回、第一ラウンドが終わったところでしたっけ?
GM:へい。手番終了、カヤカくんの華麗なキックが決まったところで一段落です。
カヤカ:あ、あれはどうしようもなかったかなーって。
GM:いい画が取れました!(笑)。
チシャ猫:とりあえずカヤカ君が一度目立つのはリプレイのお約束みたいなものでは?
カヤカ:わぁい、次回も頑張り……いやいやいやいや!


GM:さて第二ラウンド。まずはファストフェイズ、高速移動他やりたいことがある方は宣告どうぞ!
カヤカ:護衛班は動きなしです。
天美:今日は混雑度6。つらい。
秀史:私はゼウスプロまで『高速移動』。
チシャ猫:お願いします。そこにいられると支援を飛ばすだけでもキツイ(苦笑)。
秀史:PPを2点消費して『高速移動』。やー、乗り物あるとないとでPP消費が全然違うな。
カヤカ:「……バイクいいな」
天美:「物欲しそうな顔しないの」
GM:了解。では高速道路を疾走するカットが入り、特撮ならここぞとばかりにスポンサーのロゴがカメラに映ります(笑)。
天美:むしろエンディングのシーンですよねそれ。
秀史:「俺たちは紗綾さんのことを忘れない」
一同:亡いなっとるぅぅぅ!!(笑)


map02_02day.png


●チシャのターン

GM:ではメインフェイズ。前回同様、護衛班は後回しにして、猫さんのターンです!
チシャ猫:★2『ストーカー』、★3『ゼウスプロ』、★4『実行犯』のどれからいくかにゃー。ぶっちゃけどれでも抜ける自信はあるけど。
天美:★2は現実的な数字ではないので、他を調査して難易度を下げるべきだと思いますね。
チシャ猫:となると★3かにゃ。
天美:★4は『イントルーダー』ですし、シタナガさんにお任せした方が良さそうですね。
チシャ猫:では★3『ゼウスプロ』の調査。『ダイブイン』使用で(ころころ)31。低めですにゃ。
カヤカ:31で低いとは(苦笑)。
チシャ猫:4足りないのでLPで振りたしー(ころころ)うん、回って10。PP1、LP1消費です。
秀史:出目いいなぁ。
天美:さすが猫さんとしか言いようがないです。
GM:一番ふざけていちばん確実に仕事する風車の弥七ポジ。
カヤカ:え、その場合オレ八兵衛!?(笑)。
天美:西遊記なら悟空ポジですよ(笑)。
GM:では一発成功。……君は芸能界のゴシップスレや、各事務所の経済情報など、無数の情報を集め、整理し統合していく。
秀史:芸能ゴシップ……どれだけの情報量なのやら。
チシャ猫:「にゃんにゃー、3chのdat落ちスレまで調べたんだにゃー、流石に手間かかったんだにゃ」
GM:推論だが、おおよそこのような情報が把握できた。

★3済
ゼウス・プロとひなたの確執

 ひなたはデビュー前の新人時代、
 事務所社長の息子である釘山という男にデビューを引き換えに言い寄られていた。
 これを断ったところデビューを取り消され、冷や飯を食わされる羽目になった。
 サンプロに移籍後も、釘山がなんやかやと裏で手を回して嫌がらせをしていたようだ。


秀史:本物のストーカーということか。
カヤカ:「業界の闇、つうか汚点か」
チシャ猫:「まぁ、すっごいくだらないことで人生を左右される分怖いんだにゃー。チシャと違って顔で売る商売だから逃げられにゃいしにゃー、こわいこわい」
天美:「女性の敵ですね。許せません!」
チシャ猫:「っていうわけで、シタナガ君GO!」
秀史:了解。事情聴取に伺うとしよう。
GM:チシャ猫さんの調査が終わった頃、君はちょうどゼウスプロに到着した。ちなみにでっかいビルだよ。
秀史:「ふむ、射角はとれるか」
天美:こらー!(笑)
カヤカ:撃つ気だ!あの人撃つ気だ!?
チシャ猫:「流石に芸能事務所にカチコミはまずいんじゃないかにゃー?」
秀史:「社長室の壁一面が窓とはな。狙撃してくれと言ってるようなものだ」
GM:事前調査が完了しているので『ひなたのことで話がある』と伝えれば取り次いでもらえるとします。
チシャ猫:慌ててチシャがアポとるにゃ!(笑)
カヤカ:猫も慌てるかあ(笑)。
天美:シタナガさんは常識ないけど良識あるから、安心と不安が半分半分ですね……。

 チシャの取次によって、すんなりと応接室に通された秀史。しばらく待たされたあと、ドアがノックされる。

GM:「どうも、社長の釘山と申します」……女性だね。名刺には『釘山 恵子』とある。
秀史:「ドーモ、CCCから参りましたシタナガと申します。事前にお伝えしたとおり、高千穂ひなたさんよりストーカー調査を承った者です」
天美:社長は女性ですか?
GM:はい。まだ三十代くらいのようだね。
カヤカ:おや、お若い。バカ息子もまだ十代とか?
GM:「そのことですね。ではあなた。入ってきなさい」
天美:あなた?
チシャ猫:母親じゃなくて、奥さん?
GM:すると、なんかボンボンという言葉をZblushで立体化したようなダメなアラサー男が入ってくる。「あ、あの、釘山です」
天美:ズコー!(死語)
チシャ猫:あからさまにテンション下がったにゃー……。
GM:「あなた、こちら高千穂ひなたさんの件でいらしたそうよ。何か言うことは?」「あ、ええと、それはですね」
カヤカ:……尻に敷かれてる……。
GM:「いやその、高千穂さんとはその、結婚前の清い交際と言うか、なんというか」(しどろもどろ)
秀史:異世界転生ものに出てくるダメ貴族みたいなやつだ(笑)。
GM:「はっきり喋りなさい!」「は、はいぃ」
チシャ猫:「にゃにゃーん、こんなに面白そうな場面なのににゃんでチシャ干渉できないのにゃァァァァァァ!!」(爆笑)

 その後も要領を得ない弁明が続くが、まとめるとおおよそ以下のような内容であった。
 この馬鹿息子はたびたび事務所の若手女子にちょっかいかけては問題を起こしていたのだが、見かねた先代が遣り手の女性を嫁に迎え入れて社長職を譲り、その際に過去の女性問題もすべて精算。更生して今に至った、とのことである。


天美:わー、絵に描いたようなダメ男ですね!
秀史:会社が傾むく前に手を打ったということか(苦笑)。
チシャ猫:重しが乗ってるだけで、更生してるとは到底思えないにゃー。
GM:「高千穂さんについては大変に申し訳ないことをしました」と奥さん。
秀史:「……つまり、今回の件には無関係だと?」
GM:「この兵六玉、もとい夫がご迷惑をかけた皆様には、可能な限りの補填をさせていただいております。けれど、ひなたさんは既にサンプロさんからデビューし、十分な実績を出されていたので、お声がけをしておりませんでした。いずれ改めて、お詫びに伺わせて頂くつもりです」
チシャ猫:「にゃにゃーん、にゃるほど、最近ひなたちゃんが表に出てこれてるのは、ちょっかいをやめたからにゃんだにゃー」
秀史:「お話は分かりました。今回のストーカーと無関係であれば、私から特に言うことはありません」
GM:「はい。まず私どもがすべき事は、余計な干渉をしないこと。そうすれば彼女はいずれ世に出る才能であると考えています」
天美:社長がしっかりしてるし、ゼウスプロはしばらくは安泰みたいですね。
カヤカ:「……猫、釘山が以前やってた嫌がらせも、今回みたいなプロに依頼したやつだったのか?」
チシャ猫:「それはチシャも今知ったぐらいだからわかんないにゃー。でも想像だけど、オーディションを受からないようにしたりとか、事務所の力に物を言わせたふつーの嫌がらせだったと思うにゃよ」
カヤカ:「そうか。あんな悪質な事をやらかすとはちょっと思えないよなあ」
GM:「ご理解いただけて幸いです。私個人としては、冬木に引き続きひなたさんまで失ったのは非常に辛いのですが、彼女が今力を発揮できているのならそれに越したことはありません」
カヤカ:……あ、れ?
天美:冬木、って、さっき収録にいた葵さんですよね?
カヤカ:葵センパイ、ゼウス所属じゃなかったっけ!?
GM:「あ、うちの冬木をご存知なのですね?」
秀史:「ええ、ひなたさんの護衛で一緒のスタジオにいるところをお見掛けしました」
GM:「彼女も優秀な声優で、今でも我が社で働いています。しかし、本来の彼女は、今のひなたさんのような、歌って踊れる声優というポジションだったのです」
秀史:「ほう、それはそれは」……声質も似ている以上、どうしても比べられてしまったとか?
GM:「しかし私がここに来る前なのですが、歌はすっぱり諦め、声の演技一本にしぼっていくとのことでした」
カヤカ:そんな事情が。失った、っていうからびっくりした。
GM:「彼女も言っていました。若手がどんどん出てくるから、いつまでも顔出しの仕事はできませんね」と。
天美:厳しい……。
GM:「しかしもったいないことをしたと思っています。正直私はこの兵六玉が何かやらかしたのではと思っていたのですが」「や、やだなあ、冬木さんはボクの好みのタイプじゃないよぅ」
天美:でも、逆に声の仕事を長く続けていきたいという意志の表れのようにも思えますね。
GM:ということで、今度こそ★3、完了です。
秀史:今回の件に無関係、という念書をゼウスプロの名前で書いてもらって退出する。

天美:★3の達成により、★2にボーナスが入り、達成値5になりました。
GM:はーい、達成値5になったので進展があります。ひなたについて最初に調べたのはチシャ猫さんだったね。
チシャ猫:私ですね。
GM:君は調査が一段落したところで、ひなたに送られた悪意あるメッセージをあらためてチェックし直す。すると、ひとつの予測が浮かび上がった。
チシャ猫:ふむふむ?

★2『ストーカーについて』 途中経過(15→10)

  ひなたへのストーカー行為を分析すると「悪意」と「警告」に分かれている。
  「警告」はむしろ、ひなたの身を案じている……?
  『警告者』を開示。


チシャ猫:「ふふーん、コレとコレ、内容が違うんだにゃ?」
カヤカ:おおー。
天美:警告者の存在ですか。いよいよ大事になってきましたね。
チシャ猫:「誰かの暴走を知ってるけど、止められない人がいるんにゃね」
カヤカ:「一枚岩じゃない、ってことか?上手く警告者と接触出来たなら、ストーカーの正体にも迫れるかもしれない」
天美:「警告を表だって行ってないのは、味方であることを知られたくない、ともとれますね」
チシャ猫:「お金はもらってるけど内容に困っていて茶番に済ませたいプロって可能性も?」
天美:「可能性は幾らでもありますからね。情報を潰して絞り込んでいきましょう」
チシャ猫:「まぁ焦ってもいいことにならないしにゃ。要は何が来ても守り切ればいいんだしにゃ」
天美:「期待してますよ、カヤカ君」
カヤカ:「簡単に言いやがる。まあいいさ、オレのやれることは変わんないしな」
秀史:「頑張ってくれ。援護はする」
GM:★5『警告者』が開示されました。

★5 『警告者』
 ひなたに警告を送りつけることができたのは、
 業界内部の人間としか思えない。
 複数の条件を満たすのは「冬木葵」だけだ。

挑戦条件:
 どこからでも挑戦可能。
 エリア:「市民会館」に居るPCは判定に+2D
 
 PCの誰かが判定クリア時点で「市民会館」に居る、
 もしくはクリア後に「市民会館」に移動することで達成となる。

達成値:5

目標値:
 ネゴシエーター:4 正面切って話し合い
 ミスティック:4 表情や仕草から本心を探る
 他:6


天美:やっぱり先輩ですかー。
チシャ猫:うん、知ってた!(笑)
カヤカ:先輩、県外のイベントって言ってたから長距離の予感が。
GM:その通り。エリア『市民会館』がオープンになる。どこからアクセスしても「長距離」だ!
秀史:うわ高速移動したくねぇー。
カヤカ:PP頑張れー!
GM:ちなみに、ボランティアの朗読劇に参加しているようだね。
天美:いいひとだ……!
チシャ猫:判定自体は成功させるの余裕なんですけど、またハッカーイジメが(泣)。


●秀史のターン

天美:えーと、次は猫さんでしたっけ?
チシャ猫:いや、チシャの調査をもとにシタナガさんが問い詰めたので、次はシタナガさんです。
天美:シタナガさんが活躍してたからシタナガさんの手番だったように錯覚してました(汗)。
チシャ猫:ふふふ、ハッカーイジメ、辛いです……。
カヤカ:『市民会館』に向かうべきですかね?
天美:ここは次のために移動しておくのもありかと。
秀史:うーん。でも移動はファストフェイズでもなんとかなるし、今回は★4を調査。次ターンに『高速移動』しよう。
カヤカ:高速&長距離の移動は大変だなあ。
秀史:いやマジ自動二輪持っててよかった。
チシャ猫:んじゃ『アドヴァイス』、ついでに『偽情報』。
GM:なんだかんだでいいコンビの気がします。
秀史:『空蝉』で『イントルーダー』を増強して(ころころ)21!
天美:グッジョブ!
GM:お見事!一発クリアです。……君はカヤカくんと天美さんから水の情報をもらい、毒を分析した。
秀史:なるほど、私も毒使いますからね(笑)。
GM:蛇の道は蛇。なじみの薬師などに連絡をとりつけて、君はついに相手の正体を割り出した!
カヤカ:ニンジャスゴイ。
天美:やっと尻尾が見えました!
GM:はい、★4オープン!

★4済 実行犯

 これは明らかに『派遣業界』関係者の仕業、それも複数によるものだ。
 侵入に長けたもの、電脳に長けたものがいることから、推測されるのは三人一組の異能力者チーム『害為す邪妖』(アンシリーコート)。
 姿を見せないまま戦うことに特化したチームで、特定の会社に所属せず、カネさえあれば誰にでも雇われる連中だ。

二つ名はそれぞれ、
 『レッドコーム』
 『グレムリン』
 『リリパット』
である。

→★2:『ストーカーの正体』の達成値が+2、目標値が-2される。



秀史:「この毒……『害為す邪妖』か。また厄介な」
天美:「仕事を選ばないノンポリのフリーランスは嫌ですね」
チシャ猫:「まぁ仕事を選ばないフリーランスのほうが儲かるから仕方ないにゃ?」
天美:「目先の欲に負けて仕事を選ばないから、ますます汚い・危ない・反社会的な仕事ばかり受けることになるんですよ」
チシャ猫:「でも表のCCCの仕事でも赤字あるからにゃー、チシャにはにゃんとも言えにゃいんだにゃ」
カヤカ:「姿を見せない、ってことは、直接戦闘能力は低い。見つけたらとっちめられるってな」
天美:「見つけたら、ね。見つける前にやられないようにしないと」
秀史:「尻尾は掴めたが未だ姿は見せず、か。とりあえず共有する」
GM:君は調査結果をCCC経由で他のメンバーに報告する。そして次のアクションに備えるべく、バイクで走行を開始するのだが……。
カヤカ:なんかイヤーな予感(笑)。
GM:突然ですがシタナガさんはここで、攻撃もしくは回避/防御で目標値15の判定をどうぞ!
秀史:妨害か、予測の内だ!
GM:君のバイクのタイヤを狙って、何かが高速で飛来する!手番の消費はなしとします。異能は載せてもいいけど、露出やPPは計算よろしく!
秀史:15なら通常ガードでいけるか。(ころころ)20、成功!
GM:――バイクで走行中の君は、風切り音を感じた瞬間に腕を跳ね上げ、飛来したものを叩き落とす。ダメージはゼロ。地面に落ちたそれは――クロスボウの矢だ!
天美:「……『リリパット』!」
秀史:素早くクロスボウの位置を割り出してスリケンを投げ返します。期待はしないが。
GM:君はスリケンを投げ返す。だが、ビルの屋上からの長距離狙撃と思われ、すでに敵の姿はない。
天美:狙撃手対決、再び!
GM:そして、君が耳につけているCCCの小型インカムに、オープン回線での呼びかけコールがあるけど。……出ます?
秀史:出よう。
チシャ猫:とりあえず裏で逆探知と録音はしておきましょう。
GM:『……ギギッ。なんだよなんだよ。あのしょぼい投擲は』
秀史:「そういう台詞はせめて車上から狙撃を成功させてから言う事だな」
GM:『ふん、言ってろ。まったく……ルーキーが『森の賢者』をヤったっつうからわざわざリスク晒して出迎えてやったのに、とんだ期待はずれだなあ?』
カヤカ:げ、噂広まってるのか。
GM:『ま、オレたちの情報にたどり着いたところまでは良くやったと褒めてやるよ。だがまあ、……陳腐だが警告だ」
天美:わざわざターゲットに話しかけてくるなんて。余程自己顕示欲が強いのか、それとも絶対に見つからない自信があるのか。
チシャ猫:ただの自信過剰に1票なんだにゃー。
GM:「これ以上深入りするなら、お前達は俺の矢に貫かれる羽目になる。……哀れなカモみたいにな、ギギッ」
秀史:「こちらも警告だ。もうお前は俺の手の内にある。これ以上続けるなら、俺の手裏剣がどこまでも追っていくと思え」
GM:「ふふん、俺は他の連中と違って義理堅い方なんでな。そういう口上にはきちんと付き合ってやるよ、『剣擲者』。――『害為す邪妖(アンシリーコート)』の『リリパット』だ。俺達とやり合おうってんなら、ビギナーズラックでない狙撃を見せてみろ」
秀史:「承った。業界の仁義に則り名乗り返そう、『リリパット』。――『剣擲者』二 秀史。お前の脳天に手裏剣を飾ってやるよ」
天美:シタナガさんカッコイイ!
GM:……とまあ、由緒正しいエールの交換をすませたところで、通信は切れました。
天美:うーん、サンプルシナリオでは滅多に狙撃手出さないので、毎回出てきて面白いなあ。
GM:あ、ちなみにチシャ猫さんの追跡は不発でした。ごくシンプルな近距離無線だったため、かえって『相手がビルの上から移動しながら走ってた』くらいしかわからなかったということで。
チシャ猫:原理が単純だと逆にやりにくいのにゃー。

●第ニラウンド 護衛班

●カヤカのターン

GM:続いて護衛組の皆様お待たせしました。君たちはアニメの聖地、……今はけっこう微妙ですが、秋葉原の地にやってまいりました。
カヤカ:混雑度6、登場露出、2点頂きます……ッ!!ダメ?やっぱりジャージはダメですか!
天美:ADのフリしてればそんなに不自然ではないかもですけどね。

 人々がごったがえす都内の混雑の中、一行は某アニメショップ本店一階のイベントスペースに通される。
 今日のイベントは、今が旬の人気声優達による公録のトークショー。
 ひなたの仕事は、集まってくれた観客をトークで沸かせつつ、明日の『おおかみケン太 劇場イベント』の告知をすることだ。


秀史:ネットで生中継とかされてるんだな(笑)。
GM:まさに。ばっちりカメラ周って配信されてます!
カヤカ:「全世界放送かよッ!?って、これなら向こうもロクに動けないかな」
天美:「相手には狙撃手がいるのよ。スタジオに忍び込んで水をすり替えられる奴もね」
チシャ猫:「銃弾でも止めるには止められるんにゃけどにゃ、目立つにゃー。ついでにEPもきついにゃー」
カヤカ:「大騒ぎにされたら負け、って条件、厳しいぜ……」
秀史:「なに、狙撃手はこっちにもいる」
天美:「相手の目的がわからないのも不安材料ね。それが解れば、もう少し護衛方法も絞り込むこめるのだけど」
カヤカ:「圧倒的に敵地だな、こりゃ」
天美:スペースに異常がないか、事前に調査しておいてもいいですか?

 ひなたのサポートスタッフとして楽屋に通された天美とカヤカは、時間の限りステージや楽屋のチェックをするが、不審なものは見つからなかった。
 一安心と言いたいところだが、イベント直前の準備で人の出入りが激しく、危険物や不審者への目配りは到底完璧とは言えない。
 楽屋には有名声優やアニメの監督、MCの得意な若手芸人が集まり、開始直前の最終確認が行われている。


カヤカ:支給されたスタッフ用のジャンパーに袖を通しておきます。
GM:打ち合わせの合間を縫って、ひなたがやってくる。君たちと離れて舞台に立つので、さすがにちょっと不安げだね。「天美さん、カヤカさん!あの、……大丈夫でしょうか」
カヤカ:「大丈夫ッス。任せてください!」依頼人を不安にさせるわけにはいかないから、笑顔笑顔!
天美:「偉いわ、カヤカ君。昨日言ったこと、ちゃんと身になってるわね!」後でカヤカ君の頭なでなでしてあげよう。
カヤカ:ぐぬぬ、お姉さんぶられている……。
天美:正直楽しい(笑)。
秀史:こうやってお姉さんぶるところも業界抜けられない理由ではないかと(笑)。
天美:ガーン!……「おほん、カヤカ君の言う通りです。ひなたさんも、お客さんの安全も絶対に私達が守り抜きますから、ひなたさんは安心して仕事に専念してください!」
秀史:「大丈夫だ。依頼人はどっしり構えて自分の仕事をすればいい」
チシャ猫:『にゃにゃーん、大丈夫大丈夫☆最悪の場合も命の保証はするんだにゃ?』
GM:「はい。……はい!がんばります!」 というと、ひなたは舞台に向かっていった。
チシャ猫:(客狙われたら、地獄なんだけどだにゃ……)
天美:カヤカ君の職能がトラフィッカーとマニピュレーターだから、感知系は私ががんばらないとなー。
カヤカ:一応サーチャーも4D振れるけれど、固定値がないと不安だ。
GM:「はーい、ではスタッフの皆さんはー、持ち場についてくださーい」
カヤカ:「……気合い、入れてくぜ」

 一同の心配をよそに、イベントは滞りなく進行していった。
 舞台上では司会役の芸人が軽妙なトークで若手の声優達に一人ひとり焦点を当て、うまくイジって各自のキャラを十分に印象づけた上で、それぞれが今担当しているイベントや番組の宣伝に持っていっている。
 舞台から少し距離を置いたところに柵が設置され、最前列には各声優のファンとおぼしき人々が詰めかけつめかけ歓声をはりあげている。

 
カヤカ:「流石の人気……。スッゲー熱気」
天美:「このまま何事も起こらなければいいのだけど」
一同:フラグ(笑)。
天美:フラグ言わないで!(笑)

 「ねえエリカちゃん聞いたよ―、今度のアニメ、主題歌も歌っちゃうそうじゃない!」
 「えー、実はそうなんですよー」
 「じゃあここで一曲行ってみよーう。それでは『今夜はファンブル大回転』!」
 「うおーエリカちゃーん!!」……。


秀史:なんて嫌な曲名だ(笑)。
カヤカ:ちょっとPL的には聞きたくないなあ(笑)。
天美:「恋はクリティカルヒット」とかにまかりませんか(苦笑)。
GM:イベントは進み……ひなたにスポットが当たる。

「ひなたちゃん、見てるよーおおかみケン太。こないだ顔出しで登場した時はおれコーヒー吹いちゃったよー」(笑)
「ええー。そんなにショックだったんですか?」
「そりゃショックさあ!ハートにビッときたねぇ!みんな聞いてくれよ。おおかみケン太は普段は子供向けの愉快な教育番組なんだけどさ!劇場版はちょっと違うんだよな!」
「はい!劇場版はシリアスに、なんとケン太が森を侵略しにやってきた宇宙人と戦っちゃいます!!」
「ひなたちゃんが演ずる森の妖精さんを守って戦うんだぜ!え、どんな話になるか想像もつかない?そいつぁ劇場で確かめてくれないとな」


GM:さて天美さん。冷静に客席を観察している君は、一人不審な人間に気がつく。
天美:……カヤカ君に目で合図。
GM:客席の前列にいながら、騒ぎも喜びもせず舞台をじっと見つめている男。無関心ではない。むしろ強い関心を持っていると伺える。……そして夏の会場にも関わらず、頭を覆うフードつきパーカー。
天美:スーパー不審者じゃないですかあ!!
カヤカ:飛び出せるように覚悟だけはしておきます。

「んで、森の妖精役で出ているひなたちゃんは、ここで歌っちゃうんだよな!」
「は、はい。えっと新曲です!」


GM:すると突如、裏方……楽屋から怒声があがる。「おいスピーカーの信号届いてねーぞ!」「は?さっきまで何も問題もなかっただろうが!!」「おい電源不安定だぞ、どうなってる!!」「ケーブル断線したのかもしれません!」「バカヤロ、すぐ予備に交換しろ!もう始まるぞ!!」
秀史:……電脳アタックか。
天美:もしくは機械にトラップをしかけられていたか、ね。
カヤカ:マニピュレーターならオレが!
チシャ猫:「こんなこともあろーかとー!って言いたいけど言えないにゃー!」

「へえ、じゃあここまで振っといて聞かないわけにはいかないなあ。ここで一曲!高千穂ひなた、曲名は――」

GM:長らく一人芝居にお付き合い頂きありがとうございました。ここで★護衛2が開示されます。


★護衛2 『ステージの音響トラブルを阻止せよ!』

達成値:3

目標値:
 マニピュレーター:5 素早くコードを接続しなおす
 ハッカー:5 ノイズの原因を突き止める
 他:7
※「護衛」に参加しているメンバーのみ挑戦可能(累積可)
 1ターン内に達成値を上回らないと失敗となる


カヤカ:ついにマニピュレーター来た!
天美:直らなかったら、ここはアカペラで歌ってもらいましょう。歌唱力アピールになるかもしれない(笑)。
カヤカ:なんというプラス思考。
天美:でも直せるのがベスト! 「カヤカ君、いける!?」
カヤカ:「任せろ、機械いじりなら多少心得があるから!」期待値で十分狙えるぜ。
秀史:フラグ……。
天美:フラグ言わないの!(笑)。
カヤカ:PPを消費してバックアップを貰います。CCC本社にインコムで機材の型番を連絡、対処法を調べてもらいつつコード接続!(ころころ)よっし、21!
天美:「お手柄よ、カヤカ君!」
GM:――楽屋に飛び込んだ君は、パニック寸前の音響スタッフさんたちの怒声の中から冷静に指示聞き分け、着実にアシストしていく。複雑に絡み合ったコードを適切に組み換え、スタッフの人が持っていた予備パーツに交換し――
カヤカ:「……ここと、ここを繋げば終わり!」

「曲名は、『森の妖精の祈り歌!』」 ――BGMがごく普通に流れ出す。

カヤカ:会場でBGMが鳴ったのを確認して、少し息を吐く。「よかったー……」
天美:戻ってきたカヤカ君に、「お手柄よ、カヤカ君」(いーこいーこ)
カヤカ:「……撫でるのやめないッスか」
天美:「あらら。ごめんね、無意識に」
カヤカ:子ども扱いされているような!ような!!
秀史:「まあいいじゃないか。実際子供なんだし」
カヤカ:「確かに最年少だけど!……あれ、猫っていくつだよ」
チシャ猫:「レディに年齢を聞くのは失礼なんだにゃ?」
GM:ステージにひなたの歌声が響き、観客たちが歓声を挙げる。今は売り出し中の若手アイドルとしてビルの一室に収まっているけど、きっと1年も立たないうちにこの十倍は会場の容量が必要になるだろう。……そんなことを君達は思わせられた。
天美:その間も、不審人物から目は逸らしませんよー。
GM:フードの男の口元にはっきりと失望が浮かぶ。「くそ、しくじりやがって」と唇が動いたようにも見えた。
秀史:ここで仕掛けてくるか?
天美:この場ではやらないでしょう。
GM:そして列から後ろに下がると、踵を返して会場を離れようとする。
天美:フレーバーでいいので、小瓶から妖精を呼び出して後をつけさせますよ。「あいつを追って。……お願いね」
GM:――残念、君の妖精は男に近づいた瞬間、いずこからともなく現れたもう一人の男に叩き落された。
天美:「あぅ……ッ! 一般人には不可視の妖精に気づくなんて……!」
GM:こちらの男は赤い帽子を目深にかぶっており、目元は見えない。だが、男は天美くんと、そしてカヤカを見据えて、薄く笑う。
秀史:赤い帽子。『レッドコーム』、と考えるべきだろうな。
GM:赤い帽子に手をやったかと思うと、男はまるで最初からいなかったかのように、人混みに紛れて消えた。……追いかける?
カヤカ:流石に混雑度6でやり合いたくはないなあ!
天美:深追いはやめておきましょう。「ごめんなさい。してやられたわ。……思ったよりもやるみたい」
カヤカ:「だいじょうぶかよ天美サン?!……くっそ、見えなくなっちまった」
GM:では、君らが赤い帽子の男に気を取られている間に、フードの男も会場をあとにしたようだね。(ちぇー、みんな冷静だな)

 ちなみにこのシーン、もしもPC達が追いかけてきた場合、ストーカーを確保し一気に事件解決に向けて捜査が進む代償として、敵が特殊スキルを利用して混雑度6の状態から一方的に攻撃してくるという博打イベントが発生する予定だった。

秀史:「護衛なんだし追わないのが正解だ。あまり逸るな」
チシャ猫:「ま、最初からこっちが不利なのはわかっているしにゃー。騒ぎを止められただけで十分だにゃ」
カヤカ:「……ハーイ。次はこっちから見つけて叩いてやりたいよな」
GM:落ち着いたところで音響スタッフさんがカヤカくんに声をかける。「ありがとうな、坊主。あのままだったらスピーカーの電圧が不安定になって、ひなたちゃんの歌がノイズまみれの歪みまくりになっちゃうところたったよ」
カヤカ:「いえいえ。こちらこそ工具を貸していただいてありがとうございました」
GM:「しかしどうやって故障したんだろーなー」「うーんこれ、電磁波浴びせられて回路が飛んだんじゃないっすかね?」「まさかあ。雷でも落ちれば別だけど、めっちゃ晴れてるじゃねーか」等々。
カヤカ:エレキネシスかあ。
チシャ猫:ハッカー/エレキネシスと考えたほうが良さそう。

 イベントが無事終了し、ひなたが楽屋に戻ってくる。

GM:「お疲れ様でした!!……あの、特に問題はありませんでしたか?」
チシャ猫:『特に問題なかった、でいいんじゃないかにゃ~』
天美:「ええ、特に何もありませんでしたよ。とても素敵なステージでした!」
カヤカ:「ずっとこうならいいんスけどねー」
GM:「ありがとうございます!私、なんとかやれる気がしてきました!!」判定成功なので、気力MAXのままです。
天美:「ええ、私達も全力でお手伝いしますから、ライブ、絶対成功させましょうね!」
GM:「はい!みなさんが助けてくださるのですから、必ず成功させてみせます!!」
カヤカ:「それじゃあ、明日まで頑張りましょう!」
天美:やっぱり、プロの仕事を荒らすような人は許せません。私のやる気もMAXです!
カヤカ:確実にとっちめたいけど、相手の依頼人の姿はまた闇に潜っちまったなあ。


●天美のターン

GM:★護衛2が解決したので進展があります。具体的には★2『ストーカーについて』が進行し、新情報が明らかになる。
カヤカ:おお、やったー!だいぶ★2も詰まって来たな。


★ストーカーについて (15→6)
 →ストーカーのものと思われる匿名のネット上の日記を発見した。
  『悪意の日記』を開示


★6 悪意の日記
ストーカーのものと思われる日記を特定した。
分析し、犯人の正体を割り出せ。

挑戦条件:
 どこからでも挑戦可能。

達成値:4

目標値:
 すべて:5




カヤカ:日記ぃ……?ああ、でもSNSで犯行予告をするヤツもいる、かあ。
GM:日記自体はSNSのよくある個人ページだ。アドレスさえ分かってしまえばどこからでも調べられる。
チシャ猫:もう★2もクリアできる範囲だにゃ。
GM:さて、実は天美さん手番消費してないのです。
天美:ですね(笑)。
GM:何もアクションできないのも退屈だと思いますので、移動はできないけど、調査判定には挑戦できるとしましょう。
天美:ありがとうございます。場所を問わず挑戦できるのは★2『ストーカー』、★4『警告者』、★6『悪意の日記』ですね。
チシャ猫:★5は次のラウンドでシタナガさんがダイレクトアタックできるので、今回は★6ですかねー。
天美:ですね。3PP消費してスカラーで判定。(ころころ)25、とっても成功(笑)。
チシャ猫:バッチリですにゃあ。
天美:先輩の威厳を保てました。
GM:一応非公開のパスワードがかかっているのだけど、君はCCCの力を借りてアクセス。くだんの日記をざっと読んでいく。
天美:"悪意の"ってついてるのがねえ……。

 数年前から遡って日記を読む。
 最初の頃はごくごく普通の、アニメ好きの若者の日記だった。
 その週のアニメの感想や考察などが時折書かれている。
 やがて、だんだんアニメ声優、とくにひなたについての記事が多くなっていく。


GM:「イベントでひなたちゃんを見られました!サイコー!\(>▽<)/」「ドラマCD特典付き全部買いました!!」
カヤカ:ああ、一般的な沼コースだ(笑)。
秀史:沼だなぁ(笑)。
GM:「今度は関西でイベントだ!仕事有給取って会いに行くぜ!ひなたちゃんオレを見てくれよな!」「……イベントで目があったはずなのに逸らされてしまった。忙しかったのかな」
天美:ひええ(笑)
カヤカ:勘違いがー!
GM:「こんなにCDを買っているのに、なんで他の奴らと同じ扱いでなきゃいけないんだ」
秀史:実にストーカー思考だ。
GM:そして数ヶ月前に、投稿がある。「あの女はおれの愛を裏切った。罰せられなければならない」「恥をかかせてやる。二度と舞台に立てないようにしてやる。それがあの女がオレにできる、唯一の償いだ」……以後、投稿は途絶えている。
天美:「一方的に好きを双方向だと勘違いする輩には困りますね」
チシャ猫:「うんうん、チシャにもストーカーいるからこういった謂れのない誹謗中傷からの理不尽な攻撃される辛さ、わかるにゃー」
秀史:「……ツッコんだほうがいいのか?猫」
カヤカ:「因果応報」
天美:「先のイベントでフードをかぶっていた男といい、ひなたさんに悪意を持つストーカーが実在することはわかりました。ですが……。うーん。これでもまだ決定打とは言えませんね」
秀史:「一番の問題は、悪意はともあれ、所詮はこじらせた一般人に過ぎないストーカーが、『害為す妖精』を雇えるとも思えないということだ」
天美:「それに、ストーカーが主犯だとすれば、葵さんが警告を発する事との関係が解りません」
秀史:プレイヤーとしては、主犯はあの女社長ではないかと思っています。
天美:念書を書いてましたけど。
秀史:書いたのは旦那の方ですし。動機としては、『ひなたさんを降板させて葵さんを後釜に据える』でどうかと。
天美:ふむふむ、イベントをぶち壊すわけにはいかないから、観客に危害を加えるような行動はできない、と。
秀史:葵さんにとってはありがた迷惑。とは言っても表立って反抗できないから警告にとどめた。ストーカーは最後にすべての責任をかぶらされるためのスケープゴート。……でどうでしょう。
カヤカ:嫌がらせを送ってきたのはストーカーで、これに乗じた実行犯がいる?
秀史:もしくは、誰かがストーカーに入れ知恵したか。
チシャ猫:これで実は日記の主は『レッドコーム』で、単純に壊れたファンだったってオチだったら凄いにゃー(爆笑)。
カヤカ:完全に私情じゃねーか!(笑)
チシャ猫:『グレムリン』と『リリパッド』はオフ会で知り合った狂信的なファンクラブ会員。
天美&秀史:ひっどい(笑)
チシャ猫:「ま、結局尻尾を掴まないと何もできないってことだにゃ」
天美:「ですね。……いずれにせよ、葵さんと接触すればほぼ絞り込める気がします。シタナガさん、葵さんのこと、よろしくお願いしますね」
秀史:「任せろ。それより『害為す邪妖』に気をつけろ」
カヤカ:「それこそこっちに任せておけって」
天美:「猫さん、シタナガさんのサポートお願いします。こちらからは支援ができないので……」
チシャ猫:「OKにゃよー。でも本人は多分嬉しそうに仕合うんじゃないかと思うにゃよ?」
カヤカ:「戦闘民族っぽいし」
GM:そんなこんなでようやく一日目が終わろうとしている、果たして君達は明日の昼までに真相にたどり着き、そしてひなたを守りきることができるのか。以下次号!
秀史:「……言っておくが、俺は戦闘民族じゃない」
一同:「えぇ~ほんとにござるかぁ~?」
カテゴリー:リプレイ3-2話 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2017年09月10日 (日)22時24分