猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

設定TIPS:ブルーリボン社組織図

ブルーリボン組織一覧

●一番隊 特色:オールジャンル

 一番隊は総隊長の直轄部隊にして、有事の際は十二隊すべてを統括する権限を持つ。メンバーはすべて、二番以降の各隊の腕利き、エース隊員から引き抜かれた者達であり、剣、槍、弓、徒手なんでもこなすまさしくブルーリボンの象徴である。

 ……ということに表向きはなっているが、実際のところは各隊の将来有望な人材を一時的に預かり、部下の指導方法や部隊の管理の仕方、他部隊との連携を学ばせる研修部門である。ここでしばらく修行した隊員は、その適正に応じて、隊長や副隊長、あるいは後方支援専門や突撃隊長などの役職を与えられて元いた隊に戻されるのが常である。
 エースを集めただけのことはあり隊員一人一人の能力は高いのだが、入れ替わりが激しいためチームワークは今ひとつ。隊の総合的な戦力としてはそれほど高くない。
 社内での通称は『本店』。一番隊への異動が決まると、『本店研修行ってらっしゃい』などと言われる。
 とはいえ、総隊長以下、一番隊を率いる者達の実力は文句なしにブルーリボントップレベル。有事の際には、総隊長の指揮下で各隊長が行動する。


●二番隊~三番隊 特色:剣術(一部槍術)

 二番隊と三番隊は、サムライ……いわゆる剣術を学んだ者達によって構成される。
 剣使いは人数が多いため、二隊に分けて組織されており、隊員達は自らの技と、隊としての戦績を常に競い合っている。
 警備員の制服に身を包み、木刀代わりとなる特殊警棒を身につけて不埒な考えを持つ者達を威圧し、いざとなればその剣技でテロリストや凶悪な異能力者を斬り伏せる、最も「ブルーリボンらしい」部隊である。


●四番隊~五番隊 特色:素手

 四番隊から五番隊は、空手、柔道、柔術……いわゆる素手の武術を学んだ者達によって構成される。
 こちらも剣使いに劣らず人数が多いため、二隊に分けて組織され競い合っている。
 武器を必要としない彼らは、警備員の制服に身を包むこともあるが、私服警備員として配置されることも多い。普段は目立たない格好で会場や建物を巡回し、いざとなれば即座に侵入者や危険人物を取り押さえる、もう一つのブルーリボンの主力である。


●六番隊 特色:防御特化

 六番隊は、武器・素手の流派を問わず、特に防御に秀でた隊員を選抜して作られている。警備においては「相手を必要以上に傷つけない」のも重要な点のため、市民のデモの鎮圧、パニックに陥った人や麻薬中毒者を拘束する、等々、デリケートな任務に投入されることが多い。その性質上、必然的に返し技に長じた柔術、合気の使い手が数多く、社内でも「六番隊を敵に回してはいけない」という暗黙の了解がある。


●七番隊 特色:弓・鉄砲術

 七番隊は弓術、また火縄銃から発展した鉄砲術、火薬術を扱う隊員達で構成されている。いかに異能力者が所属しているとは言え、さすがに日本国内の警備で飛び道具が用いられる事はあまりないため、どうしても閑職になりがち。
 しかし時折顧客の要請で海外に派遣されることがあり、その際は掛け値無しの「飛び道具の流派」の恐ろしさが発揮されることとなる。


●八番隊 特色:野外戦闘

 八番隊は、馬術、馬上での槍術や弓術、兵法、軍略などなど、戦国時代の『合戦』に必要とされた技術を継承する流派で構成された部隊。
 こちらは現代日本では七番隊以上に需要がない完全な閑職であり、ほとんど「当時の技術を今に伝える」文化の博物館となってしまっている節がある。
 社内でも八番隊の廃止を求める声があるが……。


●九番隊 特色:室内戦闘

 九番隊は各流派の中でも、特に「屋内で戦う」事に特化した隊員達を選抜して作られており、「茶室の中で正座した状態で戦う」「壁越しの暗器術」など、ユニークな技術を持つメンバーが集っている。八番隊とは対照的に、現代日本においては政治家の会談の警護や、室内での戦闘などの需要に事欠かず、多忙な前線部隊の一つである。


●十番隊 特色:忍術

 総合的な武術の中には、罠や毒、計略、隠し武器の扱い、交渉術や変装術まで網羅し、武術と言うより忍術に近い性質をもっているものもある。
 それらの武術を収めた者達で構成されるのが十番隊であり、戦闘能力に特化したブルーリボンの中では、貴重な情報戦担当として活躍している。
 なお、彼らはあくまでも「忍術に近い技を学んだ武術家」であり、正式に忍者としての修行を積んだ異能力者は、別の派遣会社に所属する傾向がある。


●十一番隊 特色:海外流派

 十一番隊は、「海外の武術をマスターした者達」が集まる部隊である。レイピア、クレイモア、カタール等々の海外の武器を使いこなす者、サファーデ、シラット、カポエラ等の海外の流派を身につけた者は、とりあえずこの十一番隊に所属させられ、適正を見極められたあとに他の隊へ振り分けされる。
 海外の武術を身につけている者の多くは、やはり外国人である事が多いため、十一番隊は社内でももっとも国際色豊かな部隊である。
 なお、中国武術の使い手は、横浜のマンネットブロードサービスに流れる傾向が強く、あまりブルーリボンには所属していない。


●十二番隊 特色:研究

 十二番隊は、各武術の技術や秘伝を研究する部門である。脳科学やスポーツ理論の第一人者もスタッフとして参加しており、鍛錬に行き詰まった隊員がしばしばここを訪れて、新たな奥義や秘伝を身につけるべく研究し、修行に励んでいる。彼らの修行の成果はデータベース化され、他の隊員達にフィードバックされるのである。
 また、流派に伝わる活法、鍼灸、薬草術などの研究も行っており、漢方薬のメーカーや大学の医学部とも提携している。秘伝の薬草から新薬の材料が発見されることもあり、ある意味警備の仕事以上に社会的に重要な意義を持っているとも言える。


●零番隊 特色:?

 一応社内の組織図には名前が載っているが、構成員は不明という謎の部隊。
 「一番隊以上の超達人が集う最強部隊だ」
 「汚れ仕事を請け負う暗殺部隊だ」
 「警備の仕事を裏でバックアップする黒子部隊だ」
 「隊員になれなかった落ちこぼれを集めた、ただの雑用部隊だ」
 などなどのウワサが乱れ飛んでいるが、実際のところは、どうやら先代の社長が「カッコ良さそうだ」という理由でとりあえず名前だけ作ってみた、実体のない組織というのが真相らしい。

カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月08日 (水)15時04分
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバックURL:http://nekomatakosi.blog37.fc2.com/tb.php/809-81236443