猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分

人災派遣のフレイムアップ 第7話 『壱番街サーベイヤー』 21

 研究棟を出たおれ達は、キャンバスを大きく回り込んで、公園と一体化している遊歩道を歩いていた。ちょうど建物の裏口に沿って移動する形となり、にぎやかなキャンパスの裏の顔、ゴミの山や廃棄された看板がさらけだされている。
 研究棟と倉庫は、キャンバスを挟んで丁度反対側。向かう道は幾通りもあった。
 その中で最も人目につかず、それで居てそこそこ道幅の広い道を選んだのは、同行者達に対するおれなりの配慮というものであった。
「……気づいたの?」
 歩きながらさりげなく肩をよせ、ささやく真凛。おれも速度を落とさぬまま、肩をすくめて鷹揚に応じた。
「まさか。おれに気配なんて読み取れるわけないだろ」
「それじゃあ」
 気配は読めなくても、相手の考えなら読み取れる。
「『鍵』の在処はつかめた。都内で人目を気にせず襲いかかれるチャンスはそうない。事務所に逃げ込まれてしまえばアウト。多少のリスクを侵してもここは打って出るべき――そんなところだろう?」
 振り返らずに後ろへ声を放る。程なく街路樹からするりと、スーツ姿の油断ならない美女が滑り出た。
「ドーモです、亘理サン。マタまた会えて嬉しいなのデス」
「どうも、美玲さん。一応気配読んでみようと思ったんですがねえ。まったく感じ取れませんでしたよ」
「貴女は、空港の……ッ」
『ご機嫌麗しゅう皇女殿下。ほんの一日ぶりですけども』
 艶やかに笑う美女。その視線が捉えるは銀髪の皇女。素早く真凛が割って入り壁となる。
「ってことは、颯真も来てるってことだよね!」
「サテ、どうデショ?今日はお休みカモですよ?」
 あたりを見回す。街路樹、キャンパスの建物、金網、植え込み、街灯。だが美女とつるんでいるはずの獰猛な青年の姿はない。
「前回はアナタタチ待ち伏せデシタからね。今度は少し焦らシタイのことよ」
 一定の距離を保ったままの美玲さん。真凛が突撃して皇女の護衛ががら空きになったところに颯真が不意打ちをかけてきたら厄介ではある。あるのだが。
 おれはしばらく考えて――真凛にアイコンタクトを送る。頷く真凛。
「そうかそうかあ。いやはや参った、雷名轟かす若き侠客、『朝天吼』も所詮は横浜ローカル。東京の裏社会に君臨する『竜劉殺し』と拳を交えるのを避けるは賢明、これぞまさしく書生の――っとあっぶね!!」
 中空に放ったおれの挑発は、上空に茂る銀杏の木から瀑布のように落ちかかったブ厚い斧刃脚によって遮られた。当たって居ないはずなのに、頭髪が数本舞い、額の皮が薄く裂ける。
「誰が誰から逃げたと?」
 斧刃脚、右脚を宙にまっすぐ突き出し、左脚を深く折り曲げた片足立ちの体勢のまま、毫も構えを崩さず青年……劉颯真は冷たく言い放った。
「ふふん、まだまだだなあ颯真、せっかく美玲さんが不意打ちの陣を敷いたってのに、肝心のオマエが安い挑発一つで算を乱してどうする」
 おれは軽口を弄しつつ、真凛の代わりに皇女のガードに。冷静さを奪うべくなおも挑発を繰り返そうとしたが……叶わなかった。目の前の青年の放つ、凍てつく殺気によって。
「……なに、貴様相手に不意打ちなど最初から成功するとは思ってはおらん。美玲の顔を立てたまでのこと」
 ぎりぎり、と音が聞こえる。幻聴ではない。呼吸により練り上げられた内勁に応じ、奴の深層部の筋肉が 静かに圧縮され力をため込んでいるのだ。――さながら、重い橋脚を吊り下げるスプリングのように。
「策は美玲がどうとでも取り繕う。我が為すべき事は――」
 あ、やべぇな。おれは内心舌打ちした。挑発が効果を持つのは迷いを持つ奴、選択肢を持つ奴だ。最初からやるべき事を一つと決めている者には――
「真凛!」
 おれの声なぞ、とうに戦闘モードに入っている女子高生の耳には届かない。
「貴様と雌雄を決する事よ!!」
 バネが弾けた。
 昨夜の『南山大王』と同様に力強く、だがそれよりも遙かに静かに、氷上を滑るように。

 四征拳六十五手の四十一、『揚水如竜(かいしょうはりゅうのごとく)』。
 
 三十七手より先の四征拳は、その姿をいささか変える。
 それまでは『沈墜勁』―ーすなわち鬼すら踏み砕く大地の気、その反動として衝き上がる天の気を産み出し、炸裂させる技法を主とする。
 だがそれより先は次なる段階。
 膨大な天の気を炸裂させるのではなく、己が身に纏いて東西南北縦横自在に拳を、腿を、靠を叩き付ける神速の身体運用――すなわち『十字勁』。

 劉颯真はその位に達したのだ。

「……くっ……」

 真凛は身構える。だが。

 銃弾を避ける回避が、『南山大王』の超音速の突撃すら斬って捨てたカウンターが間に合わない。
 否、応じきれない(・・・・・・・)。それは単純なベクトルではない。神速でありながら意思を持ち、着弾のその瞬間まで真凛を狙い、補正し、護りを貫きかいくぐる魔性の拳。

 まるで迫撃砲で打ち出された水銀のごとく。
 異常な疾さ、重さ、滑らかさを伴う崩拳。

 轟音。

 おれは信じられない光景を見た。胸部に致命の打撃を叩き込まれ、宙を吹き飛ぶ七瀬真凛の姿を。
スポンサーサイト
カテゴリー:_小説7話 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年10月28日 (金)00時05分

登録社員名簿:080 『黄金眼の』オーベット

「にゃあ♪にゃあ♪(ま……稼げるうちに稼いでおきますかね)」

【名前】オーベット
【通り名】『黄金眼の』オーベット
【所属】拝崎芸能プロ(オズプロ)
【年齢】4歳
【容姿】金色の眼を持つシャルトリュー種の猫
【正業】ペットタレント
【経歴】
 成人並の知能を持つ天才猫。
 キャットフードのCMや映画、テレビに多数出演する拝崎のドル箱アイドルであり、事務所に入ったばかりの下積みの異能力タレント達が十人分の月収を束にしても、彼が一日のCM出演で稼ぐ金に届かなかったりする。
 このため、拝崎では無駄遣いで生活費がピンチになってしまった異能力者達が、猫に土下座して借金をするという光景がしばしば見られる。(そしてまず借金が認められることはない)
 言葉をしゃべることは出来ないが、思考を他人に伝えたい場合はキーボードやスマホでの文字入力、モールス信号などで済ませている。
 プロらしく報酬にはかなりシビア。「担当マネージャーの上に辣腕のプロデューサーがいて、ネット上で出演交渉をサポートしている」という体を取っているが、実際は彼自身が交渉をすべて行っている。
 彼が有り余るほどの報酬を何に使っているのか、事務所の同僚達もほとんどが知らない。だが賢い彼は、自分という存在の商品価値はそう長く続くものではなく、今しか稼げないということを弁えているのだ。


【スキル】
『ストイック・アクター』
 プロの役者としての魂。
 普段の彼の性格は誇り高い猫そのものであり、事務所内では非常に高慢に振る舞うが、ひとたび現場に入れば、スタッフの指示を完璧に聞き分け、脚本の行間や役者の演技プランすら理解し完璧な演技を行うため、プロの役者としての信頼を各方面から得ている。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年10月22日 (土)20時11分

登録社員名簿:078 『黒死病』

「みんなみんなネズミのえさになればいい」

【名前】失伝
【通り名】『黒死病』
【所属】聖フィロフィティア
【年齢】2000歳前後と推定
【容姿】貧相な体格の少年
【正業】聖フィロフィティアの囚人
【経歴】
 吸血鬼。
 過去に国家や大陸を幾度も絶滅の危機に陥れたねずみ達の王。
 凶悪な力を誇る古種吸血鬼達の中でも頭一つ以上飛び抜けた、人類という種そのものの天敵。
 永遠の命を持ち、おおよそ二千年の間に覚醒と眠りを繰り返しながら、世界の人口を数割減少させるほどの病をばらまいてきた。
 その容姿は原初の発症者となった古代都市の最下層貧民の少年。
 貧困にむしばまれ、その日の食事と寝床にしか思考を割く余地のなかった少年の自我は最初の数年でとうに摩滅し、以後は吸血鬼の本能のままに疫病をばらまくだけの存在となりはてている。
 十四世紀の大流行の際に、世界中の『力ある者』達が集い力を合わせ、この魔物を調伏し捕らえた。
 この時に結ばれた絆が大航海時代の際に発展し、聖フィロフィティアの母胎となった。
 殺すことは出来ても滅することは出来ないため、現在は聖フィロフィティア本部の最深部に厳重に封印されている。
 その力が完全に根絶される日は来るのであろうか。

【スキル】
『疫病のあるじ』
 黒死病の蔓延。どこからともなく無数のネズミの群れを召喚し、対象を感染させる。
 現在自然に存在するそれよりもはるかに感染力と症状の進行が強く、能力者でも二~三回噛まれたら即死するレベル。
 近現代の国家であろうと三日で死滅させる最悪の能力。

『吸血鬼の血』
 自我を失い群体の概念となる事で獲得された永遠の命。
 凶悪きわまりない攻撃力とは反対に、当人の近接戦闘力や防御力、体力は器となっている少年そのもの。
 タフな異能力者が相打ち覚悟で特攻すれば殺すことは可能。
 しかし数年、あるいは数百年後に、世界のどこかにまったく同じ容姿を持った少年が再び現れ、疫病をばらまきはじめる。
 彼を完全に根絶するには、黒死病という病そのものを世界から根絶させなければならない。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年10月22日 (土)00時43分

登録社員名簿:077 『メイド長』 エミリー・スペンサー

「日雇いと言えどメイドを名乗る以上、半端な仕事は許されないのです」

【名前】エミリー・スペンサー
【通り名】『メイド長』
【所属】CCC(講師)
【年齢】聞けるわけないですぅ(生徒談)
【容姿】近づきがたいオーラを放つアッシュブロンドの美女
【正業】ハウスキーパー(現:CCC特別講師)
【経歴】
 英国貴族レイヴァース家に代々仕えた使用人一族の末裔。
 レイヴァース家は王家の密命を受け歴史の影で活躍する役目を与えられており、エミリーも幼い頃からメイドとして仕え、やがてはメイド達の長として表と裏あらゆる場面において主家のサポートを努めた、『メイドの達人』。
 主家の代替わりにより任を解かれた後、元主人の「後進を育ててほしい」という強い勧めによりCCC家政婦派遣部門に講師として招かれた。
 現在は、萌え要素をつまみ食いして作られた日本のメイドのイメージを払拭すべく、日々奮闘中。
 「本格メイドとして働けます」という言葉に釣られコスプレ気分で気軽に家政婦部門を志望したCCCの女性陣は、本場の奉仕精神と礼儀作法を短期間のスパルタでたたき込まれる羽目になる。
 生徒達からは『メイド長』と呼ばれているが、本人に言うと「そんな役職はそもそもありません」と怒られてしまう。

【スキル】
『当意即妙』
 主人をサポートするメイドとしての技術。
 言われた仕事をしているうちは三流。機転を利かせて賢しげに振る舞ううちは二流。空気のように己の存在を消し、主人に良い結果のみを届けてこそ一流である。

『日々努力』
 主のために常に新しい知識、技術を短期間で身につける姿勢。
 主が旅行に行くときは旅のルートや現地の情報を完璧にマスターし、毒使いと戦うときは医学薬学を完璧にマスターし、敵の拠点に空挺降下するときはヘリの操縦技術を完璧にマスターする。

『一般技能』
 『日々努力』の結果、現在エミリーがメイドとして修めている一般技能。
 掃除、洗濯、料理、語学、医学薬学、社交儀礼、銃器全般、CQC、株価操作、車両航空機の運転整備他多数。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年10月02日 (日)16時21分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。