猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

登録社員名簿:067 『暗黒魔道士』クロイゼル伯爵

「より効率的な災厄を。この世界を安らかに逝かせるために……」

【名前】クロイゼル伯爵 ※ファーストネームは失伝
【通り名】『暗黒魔道士』
【所属】モノクローム S級
【年齢】900歳程度と推測される
【容姿】
 底冷えのする視線。
 老人の乾きひび割れた皮膚と、壮漢の鍛え上げた筋肉が同居する異相

【正業】
 現モノクローム専務
 元秘密結社『モノクロム』総帥

【経歴】
 人材派遣会社『モノクローム』最高幹部のひとり。
 その正体は禁断の魔術により中世から現代まで生き続ける邪悪な魔人。
 かつては神の栄光を湛え、聖地を奪い返すために戦い国をうち立てた敬虔な騎士だったとされる。
 異教徒達の反撃を受け籠城、飢えと恐怖の中でも神の名を唱え戦い続けるが
本隊の王達が異国の地に彼らを置き去りにし帰還してしまった事を知る。
 信仰が憎悪に転じたそのとき、聖地に封じられていた一冊の書物が彼を魔道へと誘い魔人へと転生させた。
 以後は神の名に泥を塗るべく、多くの人々を魔術で惑わし取り込み秘密結社『モノクロム』を設立。
 戦乱の世にはそれに乗じた虐殺を、平和な世にはテロを長きにわたって巻き起こしてきた。
 ところが何を思ったか、現代になってからは稀代の億万長者ゲオルグ・クレインの傘下に入り、
秘密結社を母体として人材派遣会社モノクロームを設立、
様々な能力者を取り込み現在の形を生み出した立役者となった。
 このためバケモノ揃いのモノクローム幹部陣の中でも古参として敬意を以て扱われている。

【スキル】
『暗黒魔術』
 呪い、災い、生け贄など現代の『悪い魔法使い』のイメージの原典ともされる、最も邪悪な魔術のひとつ。
 おそらくは紀元前に発生し、人類によって封印されていた。
 クロイゼル伯爵は極北に達した使い手であり、生け贄を捧げた儀式に基づくことで
『干魃』『竜巻』『津波』『地鳴り』『疫病』『星落とし』など、天変地異レベルの災厄を引き起こすことが可能。
 個人戦闘においては炎、雷、風、氷、毒等々あらゆる戦闘用の魔術を凄まじい練度と速度で行使し、
並の能力者など束になっても足下に寄せ付けない。

『不老の誘い』
 暗黒魔術の精髄。他者の血と魂をむさぼることで己の若さを得る。
自然に逆らう邪術であり、彼一人の若さのためには無数の人間の命が必要。
 また、若さを他者に与えることも出来る。
 かつては『永遠の命の誘惑』で時の権力者達を籠絡、秘密結社を拡大させてきた。
 この誘惑が通じなかったのは、現社長のゲオルグ・クレインのみとも言われる。

『邪剣翼落とし』
『魔眼の盾』
 魔術を操るクロイゼル伯爵だが、戦闘における本領はむしろ肉弾戦にある。
 かつて騎士だった頃からその武勇は群を抜いており、
長い時間をかけて戦場で鍛錬されたその剣技はすでに人外の域に達している。
 彼が愛用した武器も長き時間を経て変質しており、
その剣は天使の翼を切り落とした事で神殺しの属性を得ており、
盾は人血によって染められた紋章によりそれ自体が魔眼の効果を持つに至っている。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年03月26日 (土)23時16分

登録社員名簿:066 『黒旋風』 リチャード・マルティン・マリガ

「臭うなキサマ。鋼と血に塗れた獣の臭い――オレと同類よ!」

【名前】リック(リチャード)・マルティン・マリガ
【通り名】『黒旋風』 (ブラックワールウィンド)
【所属】ブルーリボン警備保障(十一番隊隊員)
【年齢】30
【容姿】猛々しい長身のアフリカ系イギリス人
【正業】ブルーリボン正社員(通常は丸の内の某巨大ビルに警備主任として常駐)

【経歴】
 海外の武器、武術を修めたメンバーが集う十一番隊に所属する、
実力なら隊長格をも凌駕すると噂される黒人の巨漢。
 自らの愛称リックにちなみ、『戮』の一字を背負う傾奇者。
 貧しい移民の子ながら、独自の『斧槍術』を編みだし、腕一本で運命を切り開いた生粋の闘士。
 強者を狩る事こそ己の存在意義と定め、腕利きと立ち合う機会は絶対に逃がさない。

【スキル】
 『斧槍術』
 かつて少年時代のリックが得物としていた金具つきの鉄パイプから編み出した、
『斧槍』――つまりハルバードを扱う技術。
 獰猛な野性と桁外れの身体能力を融合させ、斧・鉤・槍が組み込まれた長大なハルバードを縦横無尽に振るい、
突き、打ち割り、斬り、引っかけて倒し、集団戦や乱戦では戦局をひっくり返すほどの絶大な破壊力を発揮する。

 力任せと思いきや、一騎打ちとなると一転して精緻な技としなやかかつ強靱な槍捌きで鮮やかに敵を仕留める。
 現在リックが使用するハルバードは、偉大な騎士の末裔として業界でも名が知れていた槍の達人に勝利し奪った
銘つきの業物である。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年03月17日 (木)22時57分

派遣会社概要:016 フリーゾーン:『メイド喫茶ハースニール』

【社名】
 メイド喫茶 ハースニール

【代表】
 八坂 加世子

【概要】
  秋葉原某所の某ビル3Fに入居する喫茶店。

 アルバイトのメイドさん(時々執事も)が接客してくれる、いわゆる一つのメイド喫茶。
 しかしてその実態はCCCやブルーリボン、イズモ等、複数の大手派遣会社の共同出資によって異能力者達のために設けられた中立地帯(フリーゾーン)である。
 看板や広告は一切なく、一見さんや通行人が迷い込むことはない。
 お客は異能力者、もしくは、その家族や友人で秘密を守れると認められた者のみに限られる。
 普段は世間に対して己の力や正体を隠している異能力者達も、ここでは人目を気にせず羽を伸ばすことが出来る。
 また、この店内では己の所属する会社を持ち出すのは厳禁であり、ライバル関係にある会社に所属する能力者ともプライベートな交流を深める事が出来る(時には海鋼馬の所属でさえも)。
 若者の異能力者としての悩みに年長者が相談に乗ったり、任務のトラブルで恨みやしこりを残しそうになった時にここで顔を合わせて手打ちにしたりと、用途は様々。
 今の会社に不満を持つ者の移籍の切っ掛けになったりもするが、これは用途としてはややグレーゾーンである。
 また、時には能力者の友人が仕事の依頼を持ち込むこともある。
 この場合は店長の裁量によって最適な会社に振り分けられる事となる。

【所在】
 秋葉原某所の雑居ビル、ワンフロアを丸々借りてメイド喫茶に改装している。
 ちなみに一階はホビーショップ。カードやボードゲームを買い込み、ヒマな異能力者達(時々はメイドさん達も)が勝負に興じている光景もみられる。

【業務】
 お客が異能力者であり、店員さんがメイドや執事のコスチュームを纏っている事を除けば、ごくごくまっとうな喫茶店(メイドさんと遊ぶ際はオプション料金が必要)。コーヒーやケーキもお手頃なお値段ながらなかなか頑張った味となっている。
 なお、ほとんどのアルバイトメイドさんの正体は、所持金がマイナスになって借金返済中や、身バレしそうになってほとぼりを覚ましている最中の能力者である。よってそのラインナップはメイド忍者、メイドボクサー、メイドボーグやメイドケルベロスなど、非常にバラエティに富んでいる。

 ※このようなフリーゾーンはいくつかあり、大人向けの気安い居酒屋、距離感を大事にするバー、ティーンエイジャー向けのカラオケボックスなどが確認されている。
カテゴリー:_設定資料_派遣会社紹介 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年03月15日 (火)00時21分

登録社員名簿:065 『斥候兵』 兵藤 剛

「ハッ、正義の味方気取りどもが……野郎共、たたんじまえっ!」

【名前】兵藤 剛(ひょうどう つよし)
【通り名】『斥候兵』 (スカウトマン)
【所属】海鋼馬
【年齢】33
【容姿】明らかに不摂生だが、かつては精悍だったであろうと見て取れる
【正業】海鋼馬契約社員、フリーの用心棒、ギャンブラー、他
【経歴】
 かつては敏腕刑事だったとされるが、身を持ち崩し暴力団員となってしまった。
やがてそこでも破門され、現在では賭け事に金を溶かしつつ、
海鋼馬から時々仕事を貰って糊口をしのぐ三下エージェント。
 
 火力・戦闘力に傾きがちな海鋼馬メンバーの中では貴重な『情報収集・捜査』担当であり、
『人捜し』や『一番最初に見つけた者勝ち』系の任務においては、刑事時代の捜査スキル、
暴力団員時代の脅迫・暴行テクニック、彼独自の情報網を駆使して仕事を進める。

 反面、戦闘能力は一般人並み。拳銃の心得はあるが錆び付いており、
矢面には立たず、海鋼馬から借り受けた私兵部隊に迎撃させる。

 一般人を脅迫して情報を引き出そうとしているところにCCCのエージェントが駆けつけ、
私兵達を襲いかからせるが返り討ちに遭い逃げ出す、という事態がお約束となっている。
(とはいえ戦闘ではなく集めた情報の速度、質で仕事が評価されるため、クビになることはない)
海鋼馬としては「安くこき使えるお手頃な」エージェントであり、
他社のエージェントは任務に於いて何度も彼に遭遇する事になるだろう。

 重要な任務の際には戦闘系のエージェントが護衛についていたり、
またさらに大きな任務ではA級、S級エージェントの部下として情報収集にあたっていることもある。

 ことさら三下めいた言動が目立つが、本質は道化を演じる冷笑化との噂も。

【スキル】
『三十六計逃げるに如かず』
 あらゆる手段を利用し戦闘から離脱する、逃げの一手。
 部下を囮にして自分は逃げる、腕にインプラントした煙幕射出装置で文字通り煙に巻く、等々。
 本気で逃げに徹した兵藤を捕まえることはかなり難しい。

 しかし、敵が子供だったり無名の新人エージェントだった場合、
慢心して勝てると判断し襲いかかり、逆にボコボコにされて捕まり
情報を吐かされるという失態もしばしば。
カテゴリー:設定資料_キャラ名鑑 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2016年03月08日 (火)23時52分