猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分

設定TIPS:竜の名を冠する者たち

 太古より人類は、『竜』というものをひどく恐れてきた。
 
 洋の東西を問わず、神話や英雄譚の仇役として登場する怪物が『大蛇』や『竜』であるという事実は誠に興味深い。
 もしかしたらそれは、人類の祖先がまだ地を這う小動物だった頃に遺伝子に刻まれた、巨大な爬虫類への畏れの発露なのかも知れない。
 
 派遣業界において、多くのエージェント達は独自の『二つ名』を持つ。
 『二つ名』の由来はそれぞれ、仕事を請け負う際の便宜上のハンドルネームであったり、敵や同僚からつけられた称号、あるいは蔑称であったり、はたまた己の力を誇示するための自称であったりする。

 だがしかし。
 本当に恐ろしい、凶暴な能力を持つ者に対しては、人々は自然と神話の時代より受け継がれた畏怖の称号を与えるようになった――すなわち、『竜』を。
 『竜』の称号を持つエージェント、それは誰の目にも明らかな圧倒的な『暴力』を所有する者達である。
 仮に任務で遭遇したとすれば、極力戦闘は避けるべき。一対一の戦いなどは以ての外である。
 逆に、だからこそ『竜』と互角に戦う、あるいは倒す事が出来た者は、業界で『竜殺し』の栄誉を与えられることとなる。
 何も知らない新人エージェントが『竜』を名乗ってしまうことも良くあるが、たいていの場合、同業者による熾烈な『竜狩り』によって厳しい現実を思い知らされ、短期間のうちに改名を余儀なくされる。

 現状で『竜』の名を冠されているのは以下の九体。
 いずれもS級、能力、性格共に極めて危険。十分に注意されたし。
 
 
1.太母竜帝/ティアマト マリア
 
出現地域:北アメリカ~地球圏ならどこでも
出現頻度:ごくごくまれ
知能:きわめて高い
危険度:きわめて高い
態度/一般人:愛すべき対象
態度/能力者:愛すべき対象
領域:戦闘S/戦術S/戦略S
 
 『始原の竜』『混沌の母』『純血のテロリスト』とも呼ばれる超危険人物。
 年齢不詳の美女ということ以外、その正体、能力は謎に包まれている。
 小国の革命や紛争地帯等に姿をあらわし、ただひたすら『長期化、泥沼化するように』干渉する。
 単体の戦闘力でも極めて危険だが、時にはテロリストのリーダー、大企業の顧問などをつとめ、戦局や国際情勢すらも操作する、エージェントの枠を大きく越えた人物である。
 二十世紀前半からしばしば彼女と思われる存在が歴史の端々に登場しており、人間以上の寿命を持つ能力の持ち主、もしくは記憶を継承する能力者ではないかと噂されている。
 
 紛争地帯に出没することから他の『竜』達と遭遇する事もあった模様だが、いずれも他の『竜』が彼女との衝突を避けていることから、九の竜の中でも別格の存在であると思われる。
 
スキル:
 不明。数少ない目撃証言をそのまま統合すると、電撃、炎、氷、地震を操り、軍人としてのスキルを併せ持ち、精神操作を得意とし、国際情勢を操る程の知性と権勢を持ち、魔術すら操る事になってしまうのだが……さすがにそれは見間違い、もしくは複数の能力者を彼女と取り違えているのだろうとされている。
 
 
2.毒竜/ファフニール モルデカイ・ハイルブロン
 
出現地域:欧州、北アフリカ、紛争地帯
出現頻度:まれ
知能:人間並
危険度:高い
態度/一般人:餌、奴隷
態度/能力者:叩き潰すべき敵、暇つぶしの相手
領域:戦闘S/戦術B/戦略-
 
 あまりの凶暴さで悪名を轟かせた傭兵。
 その正体は遺伝子の突然変異によって生まれたミュータントであり、人類の枠を越えた暴力の所有者である。
 暴れたいからという理由で傭兵となり、各地の戦場で猛毒のブレスを吐き散らし、屍の山を築いてきたことから『毒竜』の名を冠された。
 傭兵から人材派遣会社海鋼馬公司に転籍し、やはり悪名を轟かせたが、日本での任務ののち消息不明となっており、業界では死亡説も流れ始めている。
 
スキル:
『ドラゴンブラッド』
 突然変異による超人的な身体能力。
 筋肉のみならず爪、骨格も規格外の硬度をそなえており、巨体から繰り出される攻撃は凄まじいの一言。全力を解放した場合は骨格が変形し、竜人とも呼ばれる形態となる。

『ドラゴンブレス』
 体内に備わった毒腺から分泌された猛毒と呼気を肺で圧縮し、猛毒のガスを吹き出す。
 この毒はエージェントでも微量を吸い込んだだけで死に至るほど強力であり、ブレスを無差別に吐きだし始めたらもはや生身の人間には手に負えない。
 強力な戦闘能力を持つエージェントを複数揃え、防毒を万全にしない限りまともに戦える相手ではないだろう。
 
 
3.三頭竜/アジ・ダハーカ カシム・ジャネード
 
出現地域:中東、中央アジア、紛争地帯
出現頻度:まれ
知能:人間並
危険度:高い
態度/一般人:破壊対象
態度/能力者:破壊対象
領域:戦闘S/戦術B/戦略-
 
 元傭兵。思想や宗教背景は全くと言っていい程ない。
 かつては報酬次第で自分の生まれた村や礼拝堂ですら焼き払うと恐れられていた。
 代々の炎を操る呪術師の家系であるが、彼自身はその家系でも炎の霊に『近すぎた』とされ、炎を操るというより炎と同化する戦い方を好む。
 性格、能力双方が原因で、一族の厄介者として扱われていたようである。
 傭兵のキャリアを経て、多額の移籍金により新興の派遣会社『モノクローム』へ移籍した。
 東京湾での死闘にて人材派遣会社CCCのエージェント四人に敗北し、しばらくなりを潜めていたが、最近になって活動を再開したとの情報がある。
 
スキル:
『三頭竜の吐息』
 右手、左手、口から、爆発を引き起こす巨大な火球を吐き出す。最大で三発同時に発射する事も可能。
 
『炎の鱗』
 延焼により周囲の温度が上昇するにつれ、彼の肉体は変質し、炎に包まれてゆく。全力を発揮した際には、全身が炎に包まれ、そこから突き出した首、両腕が、まさしく『三頭竜』のシルエットを為すという。
 
 
4.屍喰竜/ニーズヘグ G・ミキザキ(と思われる)
 
出現地域:オーストラリア~南米
出現頻度:まれ
知能:人間並み
危険度:高い?
態度/一般人:不明
態度/能力者:不明
領域:戦闘A?/戦術A?/戦略-
 
 元は戦場で活躍した傭兵らしいが、彼についての情報は驚くほど残っていない。
 それもそのはず、彼が参戦した戦場では、必ずと言っていいほど凄惨な潰しあいが発生し、敵も味方もほとんどが死んでしまうのである。
 小規模のゲリラ戦の場合はまず確実に――彼以外の――両軍全滅。正規軍が参戦する大規模な戦闘でも、両軍の兵士の死亡率は90%を越えるとされる。そしてそんな中、彼だけはなぜか不気味なほど確実に生き残るのである。
 
『ヤツと同じ戦場に立ったら生き残れない。敵も、味方も』
『ヤツは戦場で死体をむさぼり食って生き延びているんだ』
『あいつは兵士の死体を喰うために傭兵をやっているんだ』
 
 それが兵士達の骸を喰らうとも噂され、畏怖の証『竜』の二つ名を受けるに至った『屍喰竜』の戦場での評価である。彼が傭兵を引退し海鋼馬公司に所属したことは、派遣業界でも大きな脅威として受け止められている。

『スキル』
 上記の理由のため、未確認。
  同社に在籍する『毒竜』同様、無差別に周囲を攻撃するスキルと推定される。
 
 
5.飢嵐龍/ヴリトラ 本名不詳
 
出現地域:西アジア~南アジア~東南アジア
出現頻度:ごくまれ
知能:人間並み?
危険度:高い
態度/一般人:無関心
態度/能力者:無関心
危険領域:戦闘-/戦術S/戦略A
 
 アジア地域にごくまれに出現するエージェントだが、詳細は判っていない。
 確実な事実は、『天候を操る』能力を持ち、出現した際は必ず大災害を周囲に引き起こすということである。
 数年前にインド-パキスタンの国境地帯に出現した際には、緊張状態の両軍、および周囲のキャンプ、村まですべてを暴風で跡形もなく吹き飛ばしてしまった(この事実は両国によって隠蔽された)。自然の脅威そのもののともとれる力に、いつしか人々はインド神話の荒れ狂う竜、『ヴリトラ』の名を冠した。
 
スキル:
『嵐』
 恐らくは気圧を変化させる能力と推定される。
 彼(?)の出現後数十分で彼を中心とした竜巻が発生。さらに時間経過によって暴風雨、台風へと発展する。
 この状態では彼の周囲に暴風、砂塵、雷が吹き荒れ、戦車や飛行機さえも風で舞い上げられてしまう。エージェントが戦いを挑もうとしても、そもそも近づくことすらかなわない。ミサイルですら風に阻まれ彼には届かなかった。
 最終的には気候に影響を与える程の巨大台風を巻き起こし、国家レベルの被害をもたらす。もしも彼と戦わなければならないとすれば、地底深くにでもおびき出すか、台風が発生する前に叩くしか無いだろう。
 
 
 
6.魂喰竜/アポピス 本名不詳
 
出現地域:アフリカ大陸~地中海、中東
出現頻度:まれ
知能:きわめて高い
危険度:きわめて高い
態度/一般人:実験対象
態度/能力者:貴重なサンプル
危険領域:戦闘B/戦術B/戦略B
 
 生粋の呪術師にして狂人、タガの外れた求道者。
 他の『竜』達の力がどちらかと言えば先天的な能力、肉体に基づいたものなのに対し、彼(?)のそれはあくまでも研鑽と努力の果てに辿り着いたものである。
 洋の東西を問わず数々の邪法、禁呪に精通し、しかもそれを一般人に向けることを微塵も躊躇わない。アフリカ大陸の民族紛争と飢餓に関与し、間接的にとは言え数十万人の犠牲者を出したことから、忌むべき邪竜の名を冠せられた。
 正統派の魔術師達からはもちろん忌避されている。この手の左道の徒は大抵、左道であるが故に真の高みには到達できないものであるが、彼はあくまでも左道で在り続けることで一つの魔道を体現している。
 
スキル:
 『呪術』
 無数の呪術を極めて高い練度で使いこなす。このため、『できること』に関しては万能に近い。能力のインパクトこそ他の『竜』には及ばないが、謀殺や情報戦も含めればその危険度はとびぬけて高い。
 
 
7.共工/ピラーブレイカー 宋曄
 
出現地域:中国大陸~中央アジア
出現頻度:まれ
知能:高い
危険度:高い
態度/一般人:国籍による
態度/能力者:所属による
危険領域:戦闘B/戦術A/戦略A
 
 
 九の竜のうち唯一、所属が明確なのがこの共工である。
 アジア方面で中国の民族独立運動を展開する天才テロリストであり、いくつかのセルグループを統括。
 時折都市部に出現しては、数々のテロを成功させている。
 ビルの爆破、インフラの寸断はもとより、ゲリラ戦やサイバーテロも行い、多大な犠牲者を出したことから、中華文明の大敵たる共工の名を冠せられた。

 元々は政治を志す学生だったが、政治活動の弾圧を受けて地下に潜り、テロリストとなったと推定される。
 学生運動時代はそれほど傑出した存在ではなかったが、皮肉にもテロリストとなってから戦士、指導者としてのずば抜けた才能が開花した。
 今では他の地域の幾つかのテログループと連携し、ネットワークを作りつつある。海鋼馬やモノクロームといった派遣会社にも提携を持ちかけており、一般・派遣業界を問わず、危険な人物としてマークされている。

スキル:なし
 驚くべき事に、彼は能力を持っていない。強いて言うならば『テロの達人』。
 彼の武器はあくまでもテロリストとしての己のスキルと、ネットワークの力である。
 彼の元には何度となく異能力者の刺客が差し向けられたが、いずれも彼の張り巡らした罠や計略の前に敗北を喫している。
 一般兵やゲリラ達を上手く運用して強力な異能力者を倒してのける、異能殺し。
 
 
 
8.八岐大蛇 穂村辰真(ほむら たつま)
 
出現地域:日本
出現頻度:普通
知能:人間並
危険度:普通
態度/一般人:お客様
態度/能力者:同僚、ライバル
領域:戦闘B→S/戦術C→A/戦略-
 
 人材派遣会社CCC営業一課長。
 普段は温厚なサラリーマンだが、その正体は業界でも最強レベルの熱の使い手。
 CCC社長は『私が人生の選択肢を謝った時、世界でも最悪のエージェントになる男』との意味深なコメントを残している。
 サラリーマンとしては上下ともに信頼があり意思疎通の図れる、優秀な中間管理職である。
 通常は力をセーブしているため、並の能力者と大差がない。
 だがひとたびその能力を発揮した場合、紛う事なき『竜』としての力と本性が発揮されることとなる。
 
 
スキル:
『加熱』
 周囲のものの温度を上げる、ただそれだけの能力。ただし、限界がない。
 通常任務の際は手に持った鉄パイプを加熱して攻撃力を上げる程度にしか使われないが、『竜』としての本性を発揮したときは、彼の踏みしめる地盤は溶岩と化し、大気は近くで呼吸するだけで肺が焼けただれるほどの熱を孕む。
 火に耐性のないエージェントでは、生ける溶鉱炉と化した彼の間合いに入る事すら出来ず全身火傷を負ってしまうだろう。
 攻略法としては、熱の影響を受けない武器による遠距離攻撃が想定されるが、焼けた溶岩を散弾のように浴びせてくるので、攻略は極めて困難である。
 
 
9.九頭怪蛇/ハイドラ HYDRA
 
出現地域:ネットワーク上
出現頻度:高い(ワーム)/ごくまれ(融合体)
知能:無きに等しい(ワーム)/高い(融合体)
危険度:低い(ワーム)/高い(融合体)
態度/一般人:情報源、取り込むべき対象
態度/能力者:排除すべき敵、現実世界へ干渉する手段
領域:戦闘-/戦術C/戦略S
 
 ネットワーク上を徘徊するワームプログラム。
 それ単体ではほとんど無害で駆除も容易だが、とにかく強力な分裂能力を持つため根絶は不可能に近い。
 ネットワークを伝って世界中のあらゆるサーバーやPCに潜んでおり、時々大量発生しては通信回線に過剰な負荷をかけるなどの悪さを働く。
 ネットの住人からは、微少だが高い再生能力を持つところから、無脊椎生物であるハイドラ(HYDRA)の名で呼ばれるようになった。
 
 実はHYDRAの正体とは、ある異能力者のなれの果てである。
 精神をネットワーク上にダイブさせる能力を持ち、凄腕のクラッカーとして恐れられた彼(?)だが、ある事件の際に現実世界に帰還する手段を失い、ネット内に閉じこめられた。
 情報に希釈されてゆく自我を保持しようと、際限なくネット上での自己複製を繰り返して生き延びようとしたがそれも叶わず、今ではかつての知能と自我をすべて失い、ただ生存本能と自己複製だけを繰り返す無数のワームが散らばるのみとなってしまった。
 
スキル:
 『再融合』『再分裂』
 
 通常は『しぶといが無害』のHYDRAだが、ある一定の条件が揃うと企業や研究所のLAN内等で爆発的な繁殖を遂げる。
 これが発生すると同時に、周囲のワーム達が一斉に集結・再融合を果たし、ネットの沼に棲まう不死の怪蛇――ハイドラへと変身。かつての凄腕クラッカーとしての知性、能力を一時的に取り戻す。
 ただしその自我だけは貪欲な生存本能に押しつぶされ、崩壊している。
 分身である世界中に散らばったワームを励起させ操ることが出来るため、その危険度はもはや人類全体の脅威ともなりうるほど。
 『己が生きるため』に、ネットワーク上のあらゆる情報を喰らい尽くそうとし、『己が帰るために』セキュリティシステムや社会インフラを乗っ取って現実世界に頻繁な干渉を仕掛けてくる。
 もちろん本体がネットワーク上に存在する以上、物理攻撃で倒すことは不可能。
 ハッカー達によるサイバー攻撃に望みを託すより他ない。
 また、ハイドラを倒すことが出来たとしても、また無数のワームに戻って世界中に散らばるだけで、根絶することはやはり不可能である。
スポンサーサイト
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月09日 (木)15時19分

設定TIPS:ブルーリボン社組織図

ブルーリボン組織一覧

●一番隊 特色:オールジャンル

 一番隊は総隊長の直轄部隊にして、有事の際は十二隊すべてを統括する権限を持つ。メンバーはすべて、二番以降の各隊の腕利き、エース隊員から引き抜かれた者達であり、剣、槍、弓、徒手なんでもこなすまさしくブルーリボンの象徴である。

 ……ということに表向きはなっているが、実際のところは各隊の将来有望な人材を一時的に預かり、部下の指導方法や部隊の管理の仕方、他部隊との連携を学ばせる研修部門である。ここでしばらく修行した隊員は、その適正に応じて、隊長や副隊長、あるいは後方支援専門や突撃隊長などの役職を与えられて元いた隊に戻されるのが常である。
 エースを集めただけのことはあり隊員一人一人の能力は高いのだが、入れ替わりが激しいためチームワークは今ひとつ。隊の総合的な戦力としてはそれほど高くない。
 社内での通称は『本店』。一番隊への異動が決まると、『本店研修行ってらっしゃい』などと言われる。
 とはいえ、総隊長以下、一番隊を率いる者達の実力は文句なしにブルーリボントップレベル。有事の際には、総隊長の指揮下で各隊長が行動する。


●二番隊~三番隊 特色:剣術(一部槍術)

 二番隊と三番隊は、サムライ……いわゆる剣術を学んだ者達によって構成される。
 剣使いは人数が多いため、二隊に分けて組織されており、隊員達は自らの技と、隊としての戦績を常に競い合っている。
 警備員の制服に身を包み、木刀代わりとなる特殊警棒を身につけて不埒な考えを持つ者達を威圧し、いざとなればその剣技でテロリストや凶悪な異能力者を斬り伏せる、最も「ブルーリボンらしい」部隊である。


●四番隊~五番隊 特色:素手

 四番隊から五番隊は、空手、柔道、柔術……いわゆる素手の武術を学んだ者達によって構成される。
 こちらも剣使いに劣らず人数が多いため、二隊に分けて組織され競い合っている。
 武器を必要としない彼らは、警備員の制服に身を包むこともあるが、私服警備員として配置されることも多い。普段は目立たない格好で会場や建物を巡回し、いざとなれば即座に侵入者や危険人物を取り押さえる、もう一つのブルーリボンの主力である。


●六番隊 特色:防御特化

 六番隊は、武器・素手の流派を問わず、特に防御に秀でた隊員を選抜して作られている。警備においては「相手を必要以上に傷つけない」のも重要な点のため、市民のデモの鎮圧、パニックに陥った人や麻薬中毒者を拘束する、等々、デリケートな任務に投入されることが多い。その性質上、必然的に返し技に長じた柔術、合気の使い手が数多く、社内でも「六番隊を敵に回してはいけない」という暗黙の了解がある。


●七番隊 特色:弓・鉄砲術

 七番隊は弓術、また火縄銃から発展した鉄砲術、火薬術を扱う隊員達で構成されている。いかに異能力者が所属しているとは言え、さすがに日本国内の警備で飛び道具が用いられる事はあまりないため、どうしても閑職になりがち。
 しかし時折顧客の要請で海外に派遣されることがあり、その際は掛け値無しの「飛び道具の流派」の恐ろしさが発揮されることとなる。


●八番隊 特色:野外戦闘

 八番隊は、馬術、馬上での槍術や弓術、兵法、軍略などなど、戦国時代の『合戦』に必要とされた技術を継承する流派で構成された部隊。
 こちらは現代日本では七番隊以上に需要がない完全な閑職であり、ほとんど「当時の技術を今に伝える」文化の博物館となってしまっている節がある。
 社内でも八番隊の廃止を求める声があるが……。


●九番隊 特色:室内戦闘

 九番隊は各流派の中でも、特に「屋内で戦う」事に特化した隊員達を選抜して作られており、「茶室の中で正座した状態で戦う」「壁越しの暗器術」など、ユニークな技術を持つメンバーが集っている。八番隊とは対照的に、現代日本においては政治家の会談の警護や、室内での戦闘などの需要に事欠かず、多忙な前線部隊の一つである。


●十番隊 特色:忍術

 総合的な武術の中には、罠や毒、計略、隠し武器の扱い、交渉術や変装術まで網羅し、武術と言うより忍術に近い性質をもっているものもある。
 それらの武術を収めた者達で構成されるのが十番隊であり、戦闘能力に特化したブルーリボンの中では、貴重な情報戦担当として活躍している。
 なお、彼らはあくまでも「忍術に近い技を学んだ武術家」であり、正式に忍者としての修行を積んだ異能力者は、別の派遣会社に所属する傾向がある。


●十一番隊 特色:海外流派

 十一番隊は、「海外の武術をマスターした者達」が集まる部隊である。レイピア、クレイモア、カタール等々の海外の武器を使いこなす者、サファーデ、シラット、カポエラ等の海外の流派を身につけた者は、とりあえずこの十一番隊に所属させられ、適正を見極められたあとに他の隊へ振り分けされる。
 海外の武術を身につけている者の多くは、やはり外国人である事が多いため、十一番隊は社内でももっとも国際色豊かな部隊である。
 なお、中国武術の使い手は、横浜のマンネットブロードサービスに流れる傾向が強く、あまりブルーリボンには所属していない。


●十二番隊 特色:研究

 十二番隊は、各武術の技術や秘伝を研究する部門である。脳科学やスポーツ理論の第一人者もスタッフとして参加しており、鍛錬に行き詰まった隊員がしばしばここを訪れて、新たな奥義や秘伝を身につけるべく研究し、修行に励んでいる。彼らの修行の成果はデータベース化され、他の隊員達にフィードバックされるのである。
 また、流派に伝わる活法、鍼灸、薬草術などの研究も行っており、漢方薬のメーカーや大学の医学部とも提携している。秘伝の薬草から新薬の材料が発見されることもあり、ある意味警備の仕事以上に社会的に重要な意義を持っているとも言える。


●零番隊 特色:?

 一応社内の組織図には名前が載っているが、構成員は不明という謎の部隊。
 「一番隊以上の超達人が集う最強部隊だ」
 「汚れ仕事を請け負う暗殺部隊だ」
 「警備の仕事を裏でバックアップする黒子部隊だ」
 「隊員になれなかった落ちこぼれを集めた、ただの雑用部隊だ」
 などなどのウワサが乱れ飛んでいるが、実際のところは、どうやら先代の社長が「カッコ良さそうだ」という理由でとりあえず名前だけ作ってみた、実体のない組織というのが真相らしい。

カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月08日 (水)15時04分

旧Web拍手コメント07

給料日その七 嵯峨野浅葱の場合 ◆◇◆

来音「所長、桜庭さんからまわってきた先月分の収支報告です」

浅葱「サンキュー来音ちゃん。……はー、相変わらずヤバイ綱渡りよねえウチ。
   だいたいなんでこんだけ法人税がかかるのよこの国はまったく」

来音「それでもこの一年で大分財務体質は改善されましたわ」

浅葱「まーねー。真旗のオッサンとも棲み分け交渉がそれなりに片付いたし。
   当分は安定して依頼を稼げそうなんだけど」

来音「けど?」

浅葱「あのオッサンにしちゃあこっちの交渉に随分気楽に応じてたからね。
   あとで何か高いツケを払わされそうな気がしてならないってワケ。
   まったくいつになってもお金の問題からは解放されそうにないわねー」

来音「……所長がまず外車に注ぎ込むお金を削減すべき、という突っ込みは
   入れた方がよろしいのでしょうか?」
無■■■■を亘り■■■■害為す■■ 忌む■■神が八日■■■■■■■の工■■旧■■版に記さ■■■■を決して解き放つなかれ
01 贄と■■■き大鰐/02 斬り奪る■の■/03 万偽にて一真を示す針 04 竜を殺す■/05 遡月の砂時計/06 ■■■■■■■■ 07 天地裁断の鋼独楽/08 ■■■来る■/09 一つ多い棺 10 ■■■■■/11 ■■■■■■■/12 ■■■■ 13 歪な水鏡/14 食らい殖える■/15 気狂ヒ■■ 16 ■を抉る■/17 ■■■の砥石/18 創世主の■■■■ 19 ■■■■■/20 ■■■天秤/21 空の■ 22 ■■■■/23 ■■■故に■■ぬ王杓/24 ■■■の風車 25 ■■■鎖/26 ■■■■■■■/27 埋もれし■■■■ 28 ■■■■■■/29 ■■■■■/30 ■■■■■金貨 31 軛■■■■/32 ■■■瑠璃杯/33 粗忽者の■ 34 青珠■■■/35 ■■■■■■/36 ■■を煮込む釜
37 なれの果て
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月07日 (火)14時56分

旧Web拍手コメント06

給料日その六 須恵貞俊造の場合

俊造「拍手ありがとう」



陽司「……………あの。それだけっすかチーフ?」

俊造「それだけ、って。お礼の言葉を述べたんだが。まずかったか?」

陽司「まずくはないっすけどね。もうちょっとこう、
   潤いのあるコメントってものがあるでしょうに。愛想成分の乏しい人だなあ」

俊造「そういうな、これでも徹夜明けでな……イマイチ頭が回らん」

陽司「おれ、チーフがこの席に、徹夜明けと飲み明け以外の顔で
   座ってるところを見たことがないんですが」

俊造「しょうがないだろ、こんだけ書類が片づかんのだから」

陽司「来音さんは五倍の書類を一時間で処理してますよ…と。
   で、おれが聞くのもなんですが、その給料どうするんですか」

俊造「……タバコと、ビールと…麻雀に多少突っ込んで、余ったら家賃かな」

陽司「だああああっ!!普通逆でしょうが逆ッ!四十近いんですからもうちっと
   生活力を身につけてくださいよ全く!」

俊造「失礼な。まだ四十までには大分あるぞ」

陽司「……いやなんかこう。チーフを見ていると、
   結婚ってイベントは大事だよなあ、ってなぜかつくづく思いますよ」
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月06日 (月)14時55分

旧Web拍手コメント05

給料日その五 笠桐・R・来音の場合

来音「拍手を頂きまして誠にありがとうございました。
   メンバー一同、および作者を代表して心より感謝申し上げますわ」

直樹「…挨拶は終わったか姉貴?
   じゃあその報酬で先日のラーメン代を返してくれ」

来音「もー、直くんったらせっかちさんねー。
   ちゃんと家に帰るまで待ちなさい。
   慌てる子はお金が儲からないんだゾ?」

直樹「…ほう。じゃあ家に帰るまでのモデルコースを述べてみよ。
   それから見て周る店もな」

来音「えーと、高田馬場駅前の酒屋さんに良いのが入荷したから取りに行って、
   それから新宿に行って小田急で季節もののジャケットを予約してー」

直樹「それとマク○ナルドのバリューセットと吉○屋の豚丼だろう」

来音「何だあ直くん、わかってるじゃないー」

直樹「(ぶつっ)家に帰った時点で俺に返せるラーメン代なんぞ無くなるだろうがっっ!!
   あれほどシビアな経営センスを持っているくせにどうして家計の管理が出来んのだっっっ!!!
   今すぐ寄越せ、その報酬!(バキバキバキバキッ)」

来音「だからー、直くんー、室内で絶対零度を展開すると物損が〜」

直樹「貴様のせいだろうがあああっ!!」
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月05日 (日)14時55分

旧Web拍手コメント04

給料日その四 鶫野仁の場合

仁 「拍手サンキューな! 皆の応援が、俺達の生きる糧。
   この為に毎日頑張れるってもんだぜ!」

陽司「……新宿歌舞伎町の入り口で報酬を握り締めて
   そんなコメント述べられても微塵も説得力がありゃしませんが」

仁 「なんだよーいいだろー陽チンー。
   このシリーズ全年齢対象だから俺もサワヤカ青年しないといかんのだよー」

陽司「そんなこと行ってるから婚約者に命を狙われるんですよ」

仁 「うるせー。俺は風、自由な風なんだよ。なんぴとたりとも俺の貞操は縛れねー」

陽司「はいはいそーですね。まー確かにアンタが主役になったら
   一話のうち三割くらいは夜のシーンになりそうですから、
   出番としてはこれくらいでいいのかも知れませんが」

仁 「俺についてここまで来ておいて他人事みたいに言うなよー陽チンー
   だいたいお前だって文中で省いてあるだけでしょっちゅう、」

陽司「さあ行きましょう仁サン夜の歌舞伎町へ!もちろん健全にカラオケとか歌いにね!」
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月04日 (土)14時54分

旧Web拍手コメント03

給料日その三 亘理陽司の場合

陽司「拍手ありがとう!!これからもよろしくお願いいたします!

   ……ほい所長、これでノルマ達成、文句無いでしょ」

浅葱「亘理君お疲れ〜。はいこれ約束の報酬」

陽司「あ、どーも………って所長」

浅葱「なーにー?」

陽司「おれの目がイカれてなければ、頂いたこの紙には
   福沢諭吉も樋口一葉も野口英世も、
   もしかしてと思いましたが新渡戸稲造も夏目漱石も
   描かれていないんですが」

浅葱「ひょっとしたら紫式部かもよ」

陽司「そんな現代人の9割が忘れ去ったネタを…。
   それだと金額的にも微妙だし。
   確かに十二単の平安女性が書いてはありますが、
   これ図書券じゃないっすか」

浅葱「そーなのよ。こっちは通常任務と違うから、
   税金の関係で現金報酬が渡せなくってねー」

陽司「世間ではとっくに図書カードに切り替え済みだというのに…。
   …さてはアレですか、事務所の引き出しに眠ってたのを
   とりあえず引っ張り出してきたとか」

浅葱「でもちゃんと金券ショップに行けば
   それなりに換金出来るから」

陽司「そんなに貧乏学生の人生にチェックメイトをかけて楽しいのか?
   外道!人非人!詐欺師!悪魔!守銭奴!弁財天!!
   てか悪魔使いに悪魔って呼ばれるのはどうなのさ」

浅葱「じゃ返してー」

陽司「…誰も欲しくないとは言ってませんよ?」
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月03日 (金)14時52分

旧Web拍手コメント02

給料日その二 笠桐・R・直樹の場合

直樹「暖かい励ましの拍手、心底より感謝申し上げる。
   これで我々にも報酬がおりると言うもの」

陽司「…で、てめぇはこの給料を持ってどこに出かけるつもりだ」

直樹「知れた事。今週末はキラーソフトが四本同時発売なのだ」

陽司「…いやまあ別にお前が自分の金でお前の好きなものを
   買い集める分には構わんけどよ…。一体いつ消化するんだよソレ。
   たしかアニメも週10本くらい録画してるんだろ?」

直樹「今期は妹系がことに豊作でな。18本だ」

陽司「あー。…なんだかなぁ。お前がそんな事ばっかり言ってると、
   おれ達までそっち系の趣味の持ち主だって思われそうなんだが」

直樹「何、嘘八百のこの小説とて、
   出てくるネタの根源は基本的には製作者の乏しい実体験に基づいたもの。
   貴様とてネタに詰まればいつこちら側に走るかわかったものではない」

陽司「…うむむ。死ぬのもアレだし消えるのもイヤだが、イロモノ堕ちはもっとイヤだぜ」

直樹「…貴様、まさか自分がイロモノでないとでも思っていたのか?」
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月02日 (木)14時51分

旧Web拍手コメント01

給料日その一 七瀬真凛の場合

真凛「拍手ありがとうございまーす!」

陽司「うう…これでまた余命が延びた…」

真凛「何気分出してるんだよ、死ぬわけでもないのに」

陽司「ふ…ふふふ…それなら大した事は無い。
   たとえ物語中で死んでもあの世界なんでもありだしな、
   生き返ったりするくらいは何とかなりそうだ。
   けどな、この世界そのものが忘れられると
   如何ともしようがないんだよ…っ!!」

真凛「う、うわわわわっ!え、えーと、これからも更新続けて行きますので、
   どうかよろしくお願いしますっ!」

陽司「あーあと、非常にウソばっかりついてる小説ですが、
   割と異能力以外のネタは実話に基づいていたりして…」

真凛「そ、そうなんだ」

陽司「現実は小説よりよっぽど酷かったりするんだよな…」

真凛「ボク達って実は結構マシな方なのかな?」
カテゴリー:保管庫 | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2003年01月01日 (水)14時49分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。