FC2ブログ

猫又公司


小説・TPRG系サークル『猫又公司』のウェブサイトです。

小説:人災派遣のフレイムアップ

人災派遣RPG

人災派遣RPG

リプレイ 『人材派遣のCCC』

CCC

ドラマCD&同人誌

プロフィール

管理人:紫電改
アイコン
小説、TRPG、サウンドノベルを中心に創作活動を行う同人サークル『猫又公司』のWebサイトです。作成した小説、TRPGリプレイ、ドラマCDなどの情報を掲載しております。
twitter@Shidenkai_79



ぴあすねっとNAVI様

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

派遣会社概要:021 『すこやか債権回収会社』

【社名】
 すこやか債権回収会社

【代表】
 百地 貢税(ももち みつぎ)

【概要】
 端的に言って、異能力者専門の借金取り集団。

 残念ながら、派遣社員の中には任務の失敗や不採算、あるいは浪費、家庭の事情により借金を返せなくなってしまう者も一定数いる。
 最近では派遣業界もセーフティネットの整備が進み、所持金がマイナスになっても仕事を続けることさえできれば早々放逐されることも少なくなったが、それでも返済を諦めてしまったり、あるいは最初から踏み倒して逃亡してしまうものもいる。

 常人が異能を使い逃げ回る者たちから借金を取り立てることは極めて困難である。
 彼らに代わって債権回収を請け負う異能力者集団――それがすこやか債権機構である。

 異能力者が相手、しかも死にものぐるいで抵抗してくるため、メンバーは追跡、戦闘に特化した優秀な人材のみで構成される。
 業務上メンバーの情報は明らかになっていないが、大手派遣会社A級の武闘派が何人も転籍しているとの情報もあり、かかわり合いにならないのが一番。

 なお、メンバーは社長の百地が作成した『相手の借金に応じて己にバフを、相手にデバフを与える』という特殊な呪符を所持している。これは相手の「借金を踏み倒している」という(無意識でも)後ろめたさに訴えかける呪術であり、『逃げ回っている』という時点でこれを完全に無効化することは出来ない。
 メンバーの戦闘能力とこの呪符によって、実際の取り立ては戦闘にすらならず、一方的な制圧になることがほとんど。
 やっぱりかかわり合いにならないのが一番。


【所在】
 新宿西口、金融街の隅にある雑居ビルの一室


【業務】
 借金を踏み倒して逃げ回っている異能力者たちの追跡、取り立て。

 例えば、ある異能力者が飲み屋のツケ百万円を踏み倒した場合、その飲み屋から債権を二十万円で買取り、異能力者を追跡、確保。その所持金や金目の物を換金させて五十万円を回収。差額三十万円が会社とメンバーの報酬になる……と言った体。

 債権の買取価格は、逃げ回っている異能力者の強さ、どのくらい金を回収できそうかによって計算される。
 したがって、全財産スッてしまってそもそも取り立てる金がないような手合は債権に値段をつけられない。ただしその場合は業界イメージの維持につとめる派遣会社各社から報奨金が出ることも。
カテゴリー:_設定資料_派遣会社紹介 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2020年03月01日 (日)00時40分

派遣会社概要:022 『古書ギルド L&L』

【社名】
 古書ギルド L&L(リーグ オブ ライブラリアンズ)

【代表】
 『館長』 ”紙魚のジェフティ”

【概要】
 世界中の古書籍、古文書を回収・管理するエージェント集団。

 自らをかのアレクサンドリア図書館の志を継ぐ司書と任じ、
 「すべての叡智を収集する」ことを掲げるギルド……と言えば聞こえは良いが、
 ありていに行ってしまえば、「古本屋さん達の組合」であり、
 業界の最大組合であるILAB(国際古書籍商連盟)の後ろにひっそりとつづくマイナーな組合である。

 しかし、こちらは取り扱うのは世界で発禁・焚書されたはずの奇書や、歴史の解釈を一変しうる古文書、
 独裁者が秘匿した稀覯本、呪われた魔導書など、いわくつきのものばかりであり、
 所属メンバーも、魔術や呪術、潜入工作や金銭交渉に長けた者などが揃っている。

【所在】
 本部 スイス某都市、某修道院図書館地下(政治的中立が考慮されている)

 日本支部 なし
 (会合の際は神田や阪急の古書店が持ち回りで会場を用意。
  『普通の』古書店とは協力関係にあり、稀覯本の情報を流してもらったり、収集を手伝ったりしている)

【業務】
  世界中の古書籍、古文書の発掘、回収。他、書物に関わるトラブル解決全般。
  エージェントが情報収集し稀覯本や禁書を発掘、回収(仕入れ)、
  ギルドを通して競売で売却、もしくはしかるべき場所に有償譲渡することで利益を得ている。
  あるいは個人の依頼で書物を探したり、国家権力の要請で歴史的な不都合な文書を封印することも。
  
  危険な任務だが、所属メンバーはだいたいが重度の書痴(書物オタク)であり、 
  ぶっちゃけ回収のときにレアな書籍や文書が読めることが一番の報酬だったりする。

  所属エージェントの多くが古書店を営んでいたり、ネットで書籍の売買をしていたり、
  図書館で司書を勤めていたり、何らかの形で本に触れる職業を持っていることが多い。
 
  回収の際に、異能力者との戦闘やセキュリティの高いエリアへの侵入が必要となった場合は、
  CCCなど他の派遣会社に助力を依頼することも多い。
カテゴリー:_設定資料_派遣会社紹介 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2020年04月19日 (日)19時09分